【日本人が知らない絶景 vol.1】あまりにも美しすぎる、トルコの「ブルーラグーン・ビーチ」のメイン画像

【日本人が知らない絶景 vol.1】あまりにも美しすぎる、トルコの「ブルーラグーン・ビーチ」

トルコ南西部の小さな街、オルデニズ(オリュデニズ)。トルコ語で「死の海」を意味する恐ろしげな名前の街ですが、そんな名前とは裏腹に、「ターコイズ・コースト」と呼ばれるエリアに位置し、ターコイズブルーの美しい海が広がる地中海とエーゲ海に面したビーチリゾートとして知られています。

神秘的なほど澄み切った、美しすぎる海

そんなオルデニズ最大の魅力が、「ブルーラグーン・ビーチ」

トルコで最も美しいビーチのひとつに数えられるこのビーチは、長く続く小石のビーチと、神秘的なほど澄み切った美しい海はもちろんのこと、天候が悪くても海が荒れず穏やかなことでも有名で、スキューバ・ダイビングで水中の洞窟を探検したり、近くの山頂からパラグライダーで飛んだり、気球に乗って美しい景色を堪能したりと、さまざまなアクティビティを楽しむことができます。そしてもちろん、シンプルにビーチのラウンジ・チェアに体を預け、読書や日光浴にいそしむのも最高。

休憩や食事を取りたいなら、ビーチ沿いに立ち並ぶレストランやバー、カフェでひとやすみ。ヨットが湾を横切ったり、パラグライダーが舞い降りたりする様子をボーっと眺めつつ、トルコワインやケバブ、トルコ版ピザ「ピデ」を堪能しましょう。

【日本人が知らない絶景 vol.1】あまりにも美しすぎる、トルコの「ブルーラグーン・ビーチ」の画像1

ブルーのグラデーションが美しい「ブルーラグーン」の景観。

【日本人が知らない絶景 vol.1】あまりにも美しすぎる、トルコの「ブルーラグーン・ビーチ」の画像2

ただ海に浮かんでいるだけでも絵になっちゃいます。

【日本人が知らない絶景 vol.1】あまりにも美しすぎる、トルコの「ブルーラグーン・ビーチ」の画像3

ビーチにはカラフルなビーチ・チェアが並んでいて、読書しながらまったりくつろげます。

【日本人が知らない絶景 vol.1】あまりにも美しすぎる、トルコの「ブルーラグーン・ビーチ」の画像4

観光用の遊覧ボートもカラフル。もう現実のものとは思えません。

【日本人が知らない絶景 vol.1】あまりにも美しすぎる、トルコの「ブルーラグーン・ビーチ」の画像5

弧を描くように続くブルーラグーンのビーチ。よく見ると、砂浜ではなく小さな小石のフロアになっています。

【日本人が知らない絶景 vol.1】あまりにも美しすぎる、トルコの「ブルーラグーン・ビーチ」の画像6

インスタ映え度120%。周りに誰もいない美しい海で、こんなふうにプカプカ浮かんでみたい。。。

【日本人が知らない絶景 vol.1】あまりにも美しすぎる、トルコの「ブルーラグーン・ビーチ」の画像7

海の透明度が高いから、ヨットもまるで空中に浮かんでいるかのよう。海岸から浅瀬、そして深くなっていく海のグラデーションは、眺めているだけでも癒されます。

【日本人が知らない絶景 vol.1】あまりにも美しすぎる、トルコの「ブルーラグーン・ビーチ」の画像8

オルデニズに来たら絶対にチャレンジしたいアクティビティが、パラグライダー。安定した気候とゴージャスなパノラマの景色により、世界最高のパラグライダー・スポットとしても有名です。

【日本人が知らない絶景 vol.1】あまりにも美しすぎる、トルコの「ブルーラグーン・ビーチ」の画像9

ビーチ沿いにはたくさんのカフェやレストラン、バーが並んでいて、みんなのんびりとくつろいでいます。

どうです? 悪くないでしょう?? 観光客でごったがえしたにぎやかなビーチリゾートも良いですが、たまには誰にも教えたくないような穴場のリゾートで、ひたすらのんびりこもってみたいという方にオススメの、ブルーラグーンでした。

DATA

◉ベストシーズン:4~10月

◉アクセス:フェティエからドルムシュ(乗合いバス)で約30分。

キーワード

「航空券」ってじつは安い! 海外旅行の旅費をかしこく抑える裏ワザ BEST 4のページです。ドッカは、【Travel、BEST、トラベルハック、ライフハック、飛行機】の最新ニュースをいち早くお届けします。