日本にもあったらいいなぁ。プロのオススメ本が毎月届く、本好きによる本好きのためのサービス_top

日本にもあったらいいなぁ。プロのオススメ本が毎月届く、本好きによる本好きのためのサービス

本好きなら分かるハズ。月に1冊、本のプロがオススメする作品が自宅に届くって、とってもワクワクしちゃいませんか?

このサービスは、アメリカ90年以上の歴史を持つ老舗のブッククラブ「Book of the Month(ブック・オブ・ザ・マンス)」が手がけるもので、街から本屋さんがなくなっていくなか、本好きにとっては非常にありがたいサービスなのです。

そもそも「ブッククラブ」とは?

日本にもあったらいいなぁ。プロのオススメ本が毎月届く、本好きによる本好きのためのサービス_top

Book of the Month HPより

日本では聞き慣れない「ブッククラブ」。いったいどんなものかと申しますと、アメリカでは20世紀初期から存在する読書家たちの団体で、近くに本屋がないという広大な国ならではの問題を解消するために設立されました。

会員になると登録料を支払う必要がありますが、団体がすすめる本が毎月郵送されてくるしくみで、なかでもパイオニアとして知られるのが、今回ご紹介する「Book of the Month」クラブなのです。

「Book of the Month」クラブを設立したコピーライターのハリー・シェアマンは、「アメリカ国民に、最上の新刊書を届けよう」というミッションを掲げ、今では誰もが知る古典『風と共に去りぬ』『ライ麦畑でつかまえて』といった名著を、世に先がけて紹介した人物だそうで、当時の会員数は4000人以上にのぼったといいます。

時代に合わせた改革で、10万人の会員数へと急成長

しかしながら、1990年代に入るとAmazonに代表されるオンラインショップの出現により、カタログで注文・郵送という旧来の方式が若い世代に受け入れられなくなり、ブッククラブも徐々に下火となっていきました。

そこで2015年ジョン・リップマンはこの古いシステムを刷新

オンラインで注文できるようにし、ターゲットを20~30代の女性に絞ったことで、今ではなんと10万人という会員数を抱えるオンライン・ブックセラーとなったのです。

そのしくみはいたってシンプル

会員は毎月14.99ドル(約1600円)を支払い、クラブが厳選した「今月の5冊」のなかから1冊を選ぶと、その本が自宅に送られてくる(送料無料)という流れです。

ちなみに毎月最大3冊まで選ぶこともでき、その場合は1冊ごとに9.99ドル(約1100円)を追加で支払えばOK。読みたい本がなければ、その月はスキップすることもできます。

日本にもあったらいいなぁ。プロのオススメ本が毎月届く、本好きによる本好きのためのサービス02

まずは1冊選んで(Book of the Month HPより)。

日本にもあったらいいなぁ。プロのオススメ本が毎月届く、本好きによる本好きのためのサービス03

自宅に届いたら(Book of the Month HPより)。

日本にもあったらいいなぁ。プロのオススメ本が毎月届く、本好きによる本好きのためのサービス04

どっぷり本の世界に浸るだけ(Book of the Month HPより)。

“デジタル”だけど”アナログ”なのがイイ

このサービスの良さは、便利になったとはいえ、旧来のブッククラブの良さが根幹に残されている点。オンラインで注文できるけど、送られてくるのは紙の本。毎月1冊ずつ、本棚にお気に入りの本が増えていく楽しみは、やっぱりいつまでも変わらないものです◎

そして、毎月大量に出版される新刊本をセレクトするのも、AIやアルゴリズムに頼らず、手作業にこだわっています

「Book of the Month」では、大小あらゆる出版社の発売予定をチェックし、毎月オフィスに送られてくる数百冊もの新刊本をスタッフ全員がすべて読んでから、候補を徐々に絞っていくのだそう。

だから、毎月5冊の本はどれもハズレなし! 読者としても、選びがいがあるというものです。

また、ブッククラブでは本をセレクトする際、『黒人歴史月間』として黒人作家の作品のなかからセレクトするなど、毎月テーマが設定されるのもおもしろい。

自分の趣味だけで選ぶと作家やジャンルが偏りがちですが、こういうシステムなら、毎月飽きることなく楽しめそうです◎

日本にもあったらいいなぁ。プロのオススメ本が毎月届く、本好きによる本好きのためのサービス05

ゲイ・プライド月間である6月のセレクトテーマは、ずばり「プライド」。LGBTQ(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー、ジェンダークィア)のキャラクターやテーマの本をセレクトしている(Book of the Month HPより)。

サプライズ・ギフトとしてもオシャレ!

「Book of the Month」は、自分で読む以外にギフトとしても贈ることができます。

ギフトには3カ月6カ月12カ月のプランがあり、その期間中、ギフトを受け取った相手が好きな本を選んで受け取るしくみ。

なんとも知的でオシャレなプレゼント、贈る方も贈られる方もステキな気分になります◎

日本にもあったらいいなぁ。プロのオススメ本が毎月届く、本好きによる本好きのためのサービス06

こんなオシャレなボックスで届く(Book of the Month HPより)。

とにかく、本好きにとっては“日本にもあればいいなぁ”、と思わずにはいられないサービスの紹介でした。

キーワード

日本にもあったらいいなぁ。プロのオススメ本が毎月届く、本好きによる本好きのためのサービスのページです。ドッカは、【Culture、アメリカ、本】の最新ニュースをいち早くお届けします。