ハワイの絶品ローカルフード「ポケボウル」とは?top

ハワイの絶品ローカルフード「ポケボウル」とは?

ハワイアンフードを代表する「ポケボウル(Poke Bowl)」。最近ではガイドブックやインターネットで取り上げられることも増え、かなり認知されてきた印象です。

「ポケ」という名前にピンとこない方には、「ポキ」といったほう分かりやすいかもしれませんね◎

日本では英語風に「ポキ」と発音されることが多いようですが、実際には「ポケ」のほうが正しい発音なのだそう。ただ、ローカルの間でも「ポキ」と発音する人もいるそうなので、どちらが正解とは言い切れないようですね。

「ポケ」の歴史

ハワイの絶品ローカルフード「ポケボウル」とは?1

さまざまな「ポケ」が並ぶデリの様子。

そもそも「ポケ」とは、ハワイ語で「切身」を意味する言葉。現在では、魚介類の切身に、しょうゆ食用油海藻香味野菜などを混ぜて調味した料理のことをいいます。

ハワイではもともと生魚を食べる習慣があり、獲れたての魚をさばき、塩で味付けして海藻などと一緒に食べるということが、昔から行われていたそうです。

19世紀には刺身の文化を持つ日本人移民がやって来たほか、各国から新たな食材や調味料が持ち込まれたことで、現在のような形に変化したのだとか。

ちなみに、ポケを白米に載せる「ポケボウル」と呼ばれるようになります。いわゆる「丼」ですね!

進化を遂げる「ポケボウル」

ハワイの絶品ローカルフード「ポケボウル」とは?2

定番のマグロが載った「アヒポケボウル」。

ハワイの絶品ローカルフード「ポケボウル」とは?3

「アヒポケ」に、アボカドなどの野菜をプラスしてアレンジしたポケボウル。

ハワイの絶品ローカルフード「ポケボウル」とは?4

サーモンのポケボウル。

そしてポケボウルといえば、やはりハワイ語で「マグロ」を意味する「アヒ」を使ったポケボウル。最近ではサーモンタコのポケボウルなどもあり、種類も豊富になっているんだとか。

いたってシンプルな料理ですが、ポケはお店によって味付けが違うので、それぞれの個性を楽しめるのも魅力のひとつです◎

さて、“ポケボウルが食べたくなってきちゃったな~”という方に、次回絶品ポケボウルが食べられるお店を、ハワイと日本国内から1店ずつチョイスしてご紹介!

今すぐハワイに行くのは難しいという方も、ご安心ください◎

キーワード