落ち込んだときに読みたい、ものごとの見方を変えてくれる名言 BEST5-top

ネガティブな気分のときに読みたい、ものごとの見方を変えてくれる名言 BEST5

落ち込むこと、情けなくなること、ムダに感じること、イライラすること、後悔すること、etc…。こういうネガティブな気持ちになっちゃうことって、ありますよね?

身体のクセと同じで感情にもクセがあって、「ネガティブ思考」の人と「ポジティブ思考」の人、ふたつのタイプがいると思いますが、どちらのタイプにも、平等に人生の試練が訪れます。

けれど、どうしてポジティブな人は前向きな気持ちを保てるんでしょう?

それはきっと、自分で自分の気持ちを切り替えているから!

そこで今日は、ネガティブな人にもオススメしたい、ものごとを別の角度から見て、前向きに気持ちを切り替えてくれるような名言をご紹介します◎

1. 誰もあなたの許可なしにあなたを傷つけることはできない。

by 不明

この名言から学ぶこと:人の言葉に傷つくかどうかは、自分の心の強さしだい。

原文: No one can hurt you without your permission.

2. 親があなたに与えられなかったことに対して文句を言うのはやめよう。おそらく、それは彼らが持つすべてのものだったから。

by 不明

この名言から学ぶこと:親だって完璧じゃない。いつか自分も親になればわかる。感謝を忘れないように。

原文: Never complain about what your parents couldn’t give you. It was probably all they had.

3. ムダにすることを楽しんだ時間というものは、時間のムダではない。

by 不明

この名言から学ぶこと:ほかからどう思われても、自分が幸せだと感じた時間はムダなものではない。

原文: The time you enjoy wasting is not time wasted.

4. 空港は結婚式場よりも誠実なキスを見ていて、病院の壁は教会の壁よりも多くの祈りを聞いている。

by 不明

この名言から学ぶこと:本当に大事な瞬間は、何気ない場所にある。見た目じゃなく、中味が大事。

原文: The truth is that airports have seen more sincere kisses than the wedding halls, and the walls of hospitals have heard more prayers than the walls of a church.

5. もしもあなたが真実を伝えるなら、なにも覚えておく必要はありません。

by マーク・トウェイン(Mark Twain)/小説家

この名言から学ぶこと:嘘や誇張は、いつか取り繕うハメになるから覚えておく必要があるけれど、正直さを心がけていれば、そんな心配もなく生きていける。

原文: If you tell the truth, you don’t have to remember anything.

キーワード

ネガティブな気分のときに読みたい、ものごとの見方を変えてくれる名言 BEST5のページです。ドッカは、【Lifestyle、BEST、名言】の最新ニュースをいち早くお届けします。