【世界の美しい建築 vol.4】悪条件を乗り越えて築かれた、ヨーロッパ最大の木造教会top

【ポーランド】ヤヴォルの平和教会「悪条件を乗り越えて築かれた、ヨーロッパ最大の木造教会」

【ポーランド】ヤヴォルの平和教会

今回ご紹介するのは、ポーランド南西部のドルヌィ・シロンスク県にある「ヤヴォルの平和教会」。ヨーロッパ最大の木造宗教建築物として知られ、2001年に「ヤヴォルとシフィドニツァの平和教会群」として、世界遺産に登録されました。

【世界の美しい建築 vol.4】悪条件を乗り越えて築かれた、ヨーロッパ最大の木造教会01

木造教会とは思えないほど巨大なヤヴォルの平和教会。

【世界の美しい建築 vol.4】悪条件を乗り越えて築かれた、ヨーロッパ最大の木造教会02

背後から見ると、とても質素な印象。

「平和教会」建設の経緯

カトリックとプロテスタントの対立を発端とし、1618年に勃発した「三十年戦争」。戦闘と中断を繰り返しながらヨーロッパ中を巻き込んだこの対立は、1648年にようやく終結しました。

その後、プロテスタント信者が多かったポーランドのシレジア地方は、カトリック国家である神聖ローマ帝国の支配下に置かれることになりましたが、講和条約にもとづいて、3つの「平和教会」を建てることが許されました。

しかし、教会の建設には石やレンガ、クギさえも使用してはならず、工事期間は1年以内という厳しい条件が付けられることに。

いかに厳しい建築条件を乗り越えたのか?

この厳しい条件に対して、建築家と大工たちは工夫を重ね、木材と藁(ワラ)、粘土のみを用いて3つの教会を見事に完成させたのです。

なかでも、ヤヴォルの平和教会一度に6000人を収容でき、木造教会としてはヨーロッパ最大の規模を誇っています。

【世界の美しい建築 vol.4】悪条件を乗り越えて築かれた、ヨーロッパ最大の木造教会03

森に囲まれるようにして建っている。

【世界の美しい建築 vol.4】悪条件を乗り越えて築かれた、ヨーロッパ最大の木造教会04

3つの平和教会のうちのひとつである、シフィドニツァの平和教会。

質素な外観と、豪華絢爛な内部

【世界の美しい建築 vol.4】悪条件を乗り越えて築かれた、ヨーロッパ最大の木造教会05

きらびやかな祭壇やシャンデリアが印象的な教会内部(Cezary Wojtkowski / Shutterstock.com)。

【世界の美しい建築 vol.4】悪条件を乗り越えて築かれた、ヨーロッパ最大の木造教会06

壁に4層の回廊をめぐらせることで、収容人数を大幅に増やしている。(Traveller70 / Shutterstock.com)。

【世界の美しい建築 vol.4】悪条件を乗り越えて築かれた、ヨーロッパ最大の木造教会07

平和教会の中央祭壇。こちらも木製でできている(gary yim / Shutterstock.com)。

白壁に木材を組んだだけの質素な外観を呈しているヤヴォルの平和教会。

一方で内部は、木材と油絵を駆使した豪華なバロック様式の内装で飾られています。

地域の家紋や聖書のさまざまな場面を描いた絵画はおよそ180点にのぼり、木造とは思えないほどのおごそかで重厚な空間を演出しています。

DATA

◉アクセス:コペルニクス・ヴロツワフ空港からヤヴォルまで、列車またはバスで約2時間。
◉休業日:日曜日の午前中(11~3月は要事前予約)。

キーワード

【ポーランド】ヤヴォルの平和教会「悪条件を乗り越えて築かれた、ヨーロッパ最大の木造教会」のページです。ドッカは、【Travel、ポーランド、ヨーロッパ、世界の美しい建築、世界遺産、教会】の最新ニュースをいち早くお届けします。