【世界のハーブ vol.5】イブニングプリムローズtop

【世界のハーブ vol.5】イブニングプリムローズ

女性の悩みに働きかける「王様の万能薬」

アメリカ原産の生命力の強い植物であるイブニングプリムローズ路地や荒地など、いたる所で旺盛に繁殖します。

かつてアメリカ先住民は、イブニングプリムローズの葉や根を食用にしたほか、まるごとすりつぶして肌に塗り、傷口や皮膚炎の治療に利用したといわれています。

17世紀以降にヨーロッパに伝わると、その薬効が認められ、イブニングプリムローズは「王様の万能薬」と呼ばれて重宝されるようになりました。

イブニングプリムローズの葉や茎、根を乾燥させてハーブティーとして手軽に利用できるほか、種子から採れるオイルには、必須脂肪酸のひとつであるガンマリノール酸が含まれており、月経前症候群(PMS)更年期障害の症状の改善血圧を下げるといった効果が期待されています。

【世界のハーブ vol.5】イブニングプリムローズ01

鮮やかな黄色い花が特徴。

【世界のハーブ vol.5】イブニングプリムローズ02

成熟した種子からオイルを採取する。

精油はマッサージオイルに

イブニングプリムローズの種子から採取したオイルは、マッサージオイルとして肌に塗布すると効果的

ただし、香りが強くやや粘性があるため、ほかのオイルに5~20%程度の割合で混ぜて使うのがおすすめです。

【世界のハーブ vol.5】イブニングプリムローズ03

イブニングプリムローズオイルと、サプリメント。

イブニングプリムローズの育て方

【世界のハーブ vol.5】イブニングプリムローズ04

花は夕方に咲き始め、朝にはしぼむ。

育てやすさ : ★★★★★
種まき : 4~5月
花期 : 6~10月
収穫 : 8~11月

▪日当たりと水はけが良い場所で育てる

▪しぼんだ花は早めに摘んでおくと、花を長く楽しめる

ABOUT THE HERB

和名 :メマツヨイグサ
学名 :Oenothera biennis
分類 : アカバナ科/二年草
原産地 : 北アメリカ
草丈 : 30cm~1.5m
使用部分 :葉、花、根、種子
用途 : 料理、美容、お茶など
効能 : 美肌、PMS・更年期障害の緩和、コレステロール値の改善、血圧抑制など

キーワード

「航空券」ってじつは安い! 海外旅行の旅費をかしこく抑える裏ワザ BEST 4のページです。ドッカは、【Travel、BEST、トラベルハック、ライフハック、飛行機】の最新ニュースをいち早くお届けします。