【前半】「成功している人」は ”朝” が違う! 明日からできる「モーニング・ルーティン」10 STEP-top

【前半】「成功している人」は ”朝” が違う! 明日からできる「モーニング・ルーティン」10 STEP

質問:「成功している人」と、「成功してない人」の違いはなんですか?

この質問への正解は、地球上に生きている人の数ほどたくさんあるでしょうが、ひとつ言えることは、「成功している人は、1日をムダに過ごさない」ということ。

特に、「朝」の時間を。

そして、CEOや政治家、スポーツ選手など、成功しているはそれぞれのルーティンを大切にする傾向がありますが、これから紹介する「モーニング・ルーティン」をステップどおりに実行してみれば、自分にぴったりなルーティンがきっと見つかると思います。

では皆さん、成功しましょう!

STEP 1. 早く起きる

【前半】「成功している人」は ”朝” が違う! 明日からできる「モーニング・ルーティン」10のSTEP-01

分かる。すごく分かる。

だいたいの人は、寝ることが好きですよね? でも早く起きないと、STEP 2~10ができなくなりますので、まずは今までより、1時間早く起きましょう。

そして、早く起きたらどうするかというと、「その1日の準備」または「自分のセルフケア」をします。

たとえばスポーツ選手は、運動やジョギングをします。社長はニュースを読んで、散歩に行って、会社に行く前に早朝の涼しい空気で頭をスッキリさせます。そしてアーティストは、静かな街でリラックスしながらインスピレーションを探します。

ではあなたなら、何をすれば体や頭のキックスタートができますか? 自分に合った方法を探してみましょう◎

STEP 2. 頭の中で1日のリハーサルをする

【前半】「成功している人」は ”朝” が違う! 明日からできる「モーニング・ルーティン」10のSTEP-02

いつもきちんとスケジュールを組んでいるような人にも、ときどき想像もできないようなハプニングが訪れます。

なので、いざという時にバタバタしないために、朝起きたら静かな部屋で、頭の中で1日のリハーサルをしましょう

仕事が始まったら、どこに行って誰に会い、何をするか?

たった2分間だけでもそういうシミュレーションをしておけば、仕事中に問題が起こっても困りません。そして、やらないといけないことを忘れる心配もありません

これが、社長の考え方です!

STEP 3. 朝食を食べる

【前半】「成功している人」は ”朝” が違う! 明日からできる「モーニング・ルーティン」10のSTEP-03

ついに、すぐにできそうなモーニング・ルーティンが出てきました!

なんでも買えるようになった今の時代、買うことができない「時間」は、いちばん大事なもののひとつです。

そう考えながら、朝早めに起きて、体に良い朝食を作って食べれば、たとえ早く起きるのが辛かったとしても、美味しい料理で身体が目覚めます。

朝食は、1日のキックスタートにはとても必要なもの。駅のホームで電車を待ちながら、立ったままコンビニのおにぎり食べるのを、朝食と呼ばなでください。

そんなことをしてる有名なスポーツ選手を見たことがありますか?

STEP 4. 1日でいちばん大変なタスクを解決する

【前半】「成功している人」は ”朝” が違う! 明日からできる「モーニング・ルーティン」10のSTEP-04

さて、英語の時間です。「Procrastinator」という言葉を覚えてください。そして、「procrastinator」にならないでください!

というのも、この「Procrastinator」という言葉は海外でよく使われてる単語で、意味は「やるべきことを、”今度する、今度する、また今度する” と言って、ずっと先延ばしにしている人のこと」だから。

今度って、いつのことですか? いったいいつ、やるべきことをするんでしょう?

はい、答えは「やらない」です。「Procrastinator」は、無限に ”今度” と言うだけです。

成功したいなら、朝家を出る前に、自分の TO DOリストにある、いちばん面倒くさくて、いちばん大変で、いちばんやりたくないことを、まず解決してください

すると、いちばん大変なタスクを解決できたことで、とても満足して気分がラクになります。そして、1日のほかのタスクも、もっと軽いものに感じられます◎

STEP 5. 自分の「マントラ」を考える

【前半】「成功している人」は ”朝” が違う! 明日からできる「モーニング・ルーティン」10のSTEP-05

そうです。巨大なインターナショナル・カンパニーの社長も、「マインドフルネス(瞑想)」をします。

そして、瞑想している間、心を集中させ落ち着かせるための言葉を、心の中で繰り返し唱えます

海外では、この言葉を「マントラ」と呼んでいます。もともとは仏教の言葉で、「文字」や「言葉」という意味ですが、日本語だと「真言」と訳しますね!

ほかの STEP と同じように、皆がやっていることではなく、自分に合ったルーティンをしないと意味がないので、このマントラについても、自分だけのマントラを考えることが大事です。

まずは、自分にとってインスピレーションになるようなことを思い浮かべてみてください。

ありましたか? そしたら、その言葉を自分の「マイ・マントラ」にしてみましょう。

そして、毎朝起きてから、このマイ・マントラを何度か繰り返し唱える。最後に、息を吸って、リラックス。以上です。

簡単でしょう?

では、後半はコチラから!!

 

キーワード

【前半】「成功している人」は ”朝” が違う! 明日からできる「モーニング・ルーティン」10 STEPのページです。ドッカは、【Lifestyle、キャリア、ヘルス、マインドフルネス、ルーティン】の最新ニュースをいち早くお届けします。