【日本の伝統模様 vol.2】千鳥(ちどり)のメイン画像

【日本の伝統模様 vol.2】千鳥(ちどり)

「麻の葉」、「七宝(しっぽう)」、「籠目(かごめ)」、「千鳥」……。

いつだったか、どこかで聞いたことのあるこれらの名前は、私たち日本人になじみの深いもの。日本に古くからある伝統模様の名前です。ひとことで「模様」といっても、その背景にある歴史や意味は奥深く、縁起もさまざま

そんな日本の伝統模様のなかから、今回は「千鳥(ちどり)」をご紹介します。

「千鳥(ちどり)」の由来と意味

【日本の伝統模様 vol.2】千鳥(ちどり)01

スタンダードな「千鳥」模様。

おちょぼなクチバシと、ぷっくりした体形がとてもキュート。これ、単なるカワイイ鳥のモチーフではなく、「千鳥(ちどり)」というれっきとした日本の伝統模様なのです。

千鳥とは、水辺にいるチドリ科の鳥のこと。ほぼ世界中にさまざまな種類が分布していて、日本には「コチドリ」「シロチドリ」などが生息しています。

水辺を群れて飛ぶ千鳥の姿はとても優美で、昔から衣服や調度品の模様として親しまれました。

また、「千」とは数が多いことも表していて、「千鳥」には「水辺にいるたくさんの鳥」という意味もあるようです。

この伝統模様の縁起としては、「千鳥」=「千取り」に通じ、勝利と豊かさを表しています。

イチオシは 「波に千鳥」

【日本の伝統模様 vol.2】千鳥(ちどり)02

「波に千鳥」。

水鳥だからか、水に関係のある意匠とセットになりがちな千鳥。

特に縁起の良い組み合わせといえば、「波に千鳥」がイチオシです。

「青海波(せいがいは)」の上を、2匹の千鳥が飛んでいるこの模様は、「波(=困難)を避けて仲良く飛ぶ2匹」という意味となり、夫婦の絆や家内安全を表します。

波の部分は、もっと荒ぶる波の意匠である場合もあります。

千鳥のバリエーション

千鳥模様は、ぷっくりした鳥が単体でいたり、または群れを成していたりと、バリエーション豊か

先ほどの「波に千鳥」と似たバリエーションとしては、「浜千鳥」「沢千鳥」。幾何学的に変化したバリエーションでは、「千鳥格子」「千鳥卍」などがあります。

【日本の伝統模様 vol.2】千鳥(ちどり)03

「流水に千鳥」。

【日本の伝統模様 vol.2】千鳥(ちどり)04

「丸千鳥」。

【日本の伝統模様 vol.2】千鳥(ちどり)05

「三つ集め千鳥」。

【日本の伝統模様 vol.2】千鳥(ちどり)06

「千鳥通し」。

【日本の伝統模様 vol.2】千鳥(ちどり)07

「千鳥卍」。

また、千鳥は紋様としてだけでなく、家紋にもなっています。

「浪輪に陰千鳥」「丸に千鳥」「五つ千鳥」など、種類はあまり多くありませんが、かわいらしさは格別です◎

【日本の伝統模様 vol.2】千鳥(ちどり)08

左から、「浪輪に陰千鳥」、「丸に千鳥」、「五つ千鳥」。

イギリスにも千鳥模様がある!?

有名な「千鳥格子」は、イギリスでは「猟犬の歯」を意味する「ハウンド・トゥース(hound tooth )と呼ばれます。

ギザギザした感じからイメージされたようで、同じ模様でもお国が違うとこうも見方が異なるのかと、興味深いですね。

【日本の伝統模様 vol.2】千鳥(ちどり)09

「千鳥格子」。イギリスでは「ハウンド・トゥース」になる。

また、冬物ファッションに使われることが多い「グレン・チェック(glen check)は、千鳥格子と細いストライプが組み合わさった柄です。

【日本の伝統模様 vol.2】千鳥(ちどり)10

「グレン・チェック」のパターン。

キーワード

【日本の伝統模様 vol.2】千鳥(ちどり)のページです。ドッカは、【Culture、伝統模様、日本】の最新ニュースをいち早くお届けします。