【世界のビール #1(後編)】「ベルギービール」の種類とオススメtop

【世界のビール #1(後編)】「ベルギービール」の種類とオススメ

4. Trappist – トラピスト

【世界のビール #1(後編)】「ベルギービール」の種類とオススメ01

「ORVAL(オルヴァル)」というトラピストビールで有名な、オルヴァル修道院(Olga Niekrasova / Shutterstock.com)。

「トラピスト」というビールは、トラピスト会修道院が造っているビールです。

世界に171あるトラピスト会修道院のうち、11カ所のみで生産されており、そのうち6カ所がベルギーにあります。

このトラピストは、ビールの味と強さによって、以下のように分類されます。

1. Enker – エンゲル

【世界のビール #1(後編)】「ベルギービール」の種類とオススメ02

「Chimay(シメイ) 4.8%」(emka74 / Shutterstock.com)。

いちばんアルコール度数が低いビール

おすすめはChimay(シメイ) 4.8%」。日本でもよく見かけます。

2. Dubbels – デュッベル

【世界のビール #1(後編)】「ベルギービール」の種類とオススメ03

「Abbey Belgian Style Ale(アビー・ベルジャン・スタイル・エール) 7%」。

アルコール度数6~8%のビール

Abbey Belgian Style Ale(アビー・ベルジャン・スタイル・エール) 7%」おすすめします。

3. Tripel – トリペル 

【世界のビール #1(後編)】「ベルギービール」の種類とオススメ04

「La Trappe Tripel(ラ・トラップ・トリペル) 8%」(BalkansCat / Shutterstock.com)。

アルコール度数8~10%のビールです。だんだんハードルが上がってきました。

「La Trappe Tripel(ラ・トラップ・トリペル) 8%」を飲んでみてください◎

4. Quadrupel – クアドラプル

【世界のビール #1(後編)】「ベルギービール」の種類とオススメ05

「Rochefort 10(ロシュフォール 10) 11.3%」(ThreeRivers11 / Shutterstock.com)。

ついに、アルコール度数10%以上のビールの登場です!

生ビールからすぐに「クアドラプル」にステップアップするのはやめた方がいいかもしれませんが、それでも飲んでみたいなら、「Rochefort 10(ロシュフォール 10) 11.3%」をおすすめしましょう

そのほかのおすすめビール

僕がベルギービールのなかでいちばん好きなのは、なんといっても「Delirium(デリリウム) 

ゴルデンエール 8.5%の「Tremens(トレメンス)」、ダークエール 8.5%のNocturnum(ノクトルム)」、チェリー味 8.5%のRed(レッド)そして冬季限定・ダークエール 10.0%のNoël(ノエル)4種類があり、どれも美味しいです。

【世界のビール #1(後編)】「ベルギービール」の種類とオススメ06

Delirium Noël(デリリウム・ノエル)」(andrebanyai / Shutterstock.com)。

そして、2番目に好きなのは「La mort Subit(ラ・モルト・スビット)」

ベルギー以外でまだ見たことはないのですが、10日間ベルギーに旅行した時は、ほぼ毎日この「La Mort Subit」のパブで食べたり飲んだりするくらい、ハマってました(笑)

色んな種類がありますが、基本的にランビックです。これまで飲んだことのない味なので、もしベルギーに行く機会があれば、ぜひ試してみてください!

【世界のビール #1(後編)】「ベルギービール」の種類とオススメ07

ブリュッセルにある「La mort Subit(ラ・モルト・スビット)」のパブ。料理も最高(Erik AJV / Shutterstock.com)。

東京でベルギービールを飲めるのは?

ベルギーに行けない方のために、世界のビールを飲める東京のパブをご紹介します!

まず、六本木渋谷新宿などにあるAbbot’s Choice(アボッツ・チョイス)」。美味しいベルギービールがいっぱいあります。

ただし、高いです。

続いては、赤坂にあるDelirium Bar(デリリウム・バー)」もおすすめ。

ベルギーのブリュッセルにも同じコンセプトパブがあって、雰囲気的にもオシャレでリラックスできるお店です。

もちろんDelirium(デリリウム)」ビールが得意ですが、ほかのビールもいっぱいあるし、Deliriumのオリジナルグラスが可愛いです◎

けど、ここも残念ながら高いです。

また、スカイツリーの中にあるWorld Beer Museum(ワールド・ビア・ミュージアム)」には、世界中のビールが揃っていて、わりと良い値段で購入できるビールショップもあります。

ただ、”良い値段”と言いましたが、まだまだ高いです。

そして、北千住にある「DAD(ダッド)」というお店もおすすめです。そんなに有名じゃない小さなお店ですが、ベルギービールが得意で、東京だとここでしか飲めないビールがたくさんあります

でもやっぱり、問題は高いこと……。

日本でベルギービールを飲もうとすると、問題になるのはそのお値段です。

ということで、やっぱりベルギーに行っちゃうのがいちばん

【世界のビール #1(後編)】「ベルギービール」の種類とオススメ08

ブリュッセルのパブ。地元の人や観光客でいつもにぎわっている(Radiokafka / Shutterstock.com)。

【世界のビール #1(後編)】「ベルギービール」の種類とオススメ09

ベルギーのスーパーマーケットに並ぶベルギービール(defotoberg / Shutterstock.com)。

ベルギーには、パブやビールの醸造所が無限にあって、どこでも安くベルギービールが飲めます。そして、スーパーマーケットでビールを買ってホテルで飲めば、さらに格安で済むんです!

たとえば東京で「Delirium(デリリウム)」が1500円以上するのに対し、ベルギーのスーパーなら同じものが200円以下で買えちゃいますよ◎

ただし、飛行機のチケットが高いんですけどね(笑)

キーワード

「航空券」ってじつは安い! 海外旅行の旅費をかしこく抑える裏ワザ BEST 4のページです。ドッカは、【Travel、BEST、トラベルハック、ライフハック、飛行機】の最新ニュースをいち早くお届けします。