【世界のビール #3(後編)】「イギリスビール」の種類とオススメtop

【世界のビール #3(後編)】「イギリスビール」の種類とオススメ

4. Porter and Stout – ポーター、スタウト

「ポーター」「スタウト」は、イギリスの文化にとっても大事なビール。

どちらもダーク、苦くて強い風味が特徴で、醸造段階でローストしたコーヒー豆なども使ってます。

そして、「ポーター」は「ロンドン・スタイル」「スタウト」は「アイリッシュ・スタイル」です。

スタウトのバリエーションのなかには、アルコール度数9%の「インペリアル・スタウト(Imperial Stout)」もあります。これは超ダークで超苦くて超強いビールなので、ビールマニアの方にしかおすすめできないです。

【世界のビール #3(後編)】「イギリスビール」の種類とオススメ01

漆黒のビール「インペリアル・ブラック」。

ポーターのおすすめは、ロンドンにある「Fuller’s Brewery(フラーズ醸造所)」「London Porter(ロンドン・ポーター)5.4%」か、同じくロンドンの「Five Points Brewing Company(ファイブ・ポインツ・ブリューイング・カンパニー)」「Railway Porter(レイルウェイ・ポーター)4.8%」。こちらはコーヒーやチョコレートの風味が感じられます。

View this post on Instagram

🍺 des Tages: Fuller, Smith & Turner, Griffin Brewery, Chiswick, London, London Porter. Starker nussiger Malzgeruch nach heller Schokolade, Melasse, starkem Kaffee und Karamell. Mittlerer parfümierter Hopfengeruch nach Kräuter und Limette. Leichter teigiger Hefegeruch. Sonstige Aromen nach Pflaumen, Dörrzwetschgen, Piment, Cola, Vanille, Rauch, Alkohol und braunem Zucker. Passt super zu Steak-Pie, Porter-Stew, Lammbraten, Blauschimmelkäse und Schokoladendesserts. #beer #bier #biere #birra #cerveja #cerveza #pivo #piwo #ol #olut #öl #beerstagram #instabeer #craftbeer #beersnob #beergeek #beerporn #Bierparade #beeroftheday #bierdestages #londonporter #porter #fullers #griffinbrewery #chiswick #london #england

A post shared by Inbeertween by Ralph Burger (@inbeertween) on

↑ 「London Porter(ロンドン・ポーター)5.4%」。

↑ 「Railway Porter(レイルウェイ・ポーター)4.8%」。

スタウトでは、アイルランド・スタイルの醸造所「St. James Gate(セント・ジェームズ・ゲート)」「Guinness(ギネス)5.0%」がもっとも有名です。

【世界のビール #3(後編)】「イギリスビール」の種類とオススメ02

「Guinness(ギネス)5.0%」(Egor Fomin / Shutterstock.com)。

日本でもすっかりおなじみのビールで、値段もそこまで高くないです◎

ダーク・ビールですが、わりと飲みやすいので、飲んだことがないという方はこのビールでデビューしてみてもいいと思います。

そのほかのおすすめビール

イングランド南東部、オックスフォードシャー州ウィットニーという町にある、「Wychwood Brewery(ウィッチウッド醸造所)」のビールが大好き!

ここの醸造所は、ビールの種類がとても多いんです◎

View this post on Instagram

#ciglabar #belgrade #wychwoodbrewery 🍺👌🏼

A post shared by Cigla Bar (@cigla_bar) on

メインのビールは、苦いけどちょっとフルーティー「Hobgoblin(ホブゴブリン)5.2%」というビールです。

【世界のビール #3(後編)】「イギリスビール」の種類とオススメ03

「Hobgoblin(ホブゴブリン)5.2%」(verbaska / Shutterstock.com)。

そして、ゴールデン・ペールエール「Scarecrow(スケアクロウ)4.7%」も飲みやすいです。

あとは、強いジンジャー味「Gingerbeard(ジンジャーブレッド)4.2%」というビールもあって、これは変わった味ですが、かなり美味しいです◎

東京でイギリスビールを飲めるのは?

僕がさきほどおすすめした「Wychwood Brewery(ウィッチウッド醸造所)」のビールは、赤坂渋谷六本木にある「Hobgoblin Pub(ホブゴブリン・パブ)」で飲めます。

店内はまさにイギリス的な雰囲気で、テレビではずっとサッカーの試合が流れているから、スポーツ好きな人にもおすすめです。

スポーツに興味ないという人には、カウンター席で「フィッシュ・アンド・チップス」を食べながら、海外のスタッフと会話するのも楽しいですよ◎

【世界のビール #3(後編)】「イギリスビール」の種類とオススメ04

イギリスのパブといえば、ビールにフィッシュアンドチップス!

つぎは、上野駅前にある「The World End(ザ・ワールド・エンド)」

店内は狭いですが、イギリスっぽい雰囲気で楽しいです◎ 料理はちょっと日本風にアレンジされているのですが、アイリッシュ・パブなので、スタウト・ビールが得意です。

【世界のビール #3(後編)】「イギリスビール」の種類とオススメ05

スタウトの代表格「Guinness(ギネス)」の種類も豊富(DenisMArt / Shutterstock.com)。

そして最後に、最もイギリスらしいビール「リアル・エール」は、やっぱりパブで樽から飲まないと意味がないので、もしイギリスに行く機会があったら、「リアル・エール」を守る活動をしている協会「CAMRA(Campaign for Real Ale)」が、毎年8月にロンドンで開催する、「THE GREAT BRITAIN BEER FESTIVAL(ザ・グレート・ブリテン・ビア・フェスティバル)」に行ってみてください!!

【世界のビール #3(後編)】「イギリスビール」の種類とオススメ06

「THE GREAT BRITAIN BEER FESTIVAL(ザ・グレート・ブリテン・ビア・フェスティバル)」の、巨大な会場(Bikeworldtravel / Shutterstock.com)。

【世界のビール #3(後編)】「イギリスビール」の種類とオススメ07

目の前で樽からビールを注いでくれる(Bikeworldtravel / Shutterstock.com)。

イギリスじゅうの有名なパブや醸造所と、400種類以上のリアル・エールとサイダー(リンゴ酒)が集まるこのイベントは、毎年チケットがソールドアウトするほどの人気です◎

キーワード