【暑さに効く世界の夏対策 #8】 韓国の「サムゲタン(参鶏湯)」top

【暑さに効く世界の夏対策 #8】 韓国の「サムゲタン(参鶏湯)」

夏の暑さを軽減してくれる、世界の暑さ対策をご紹介していくこのシリーズ!

今回は、すでに大好きな方もたくさんいらっしゃるであろう、韓国「サムゲタン(参鶏湯)」を取り上げてみます◎

暑い夏に、あえて熱々の「サムゲタン(参鶏湯)」

今年は異様とも言えるほどの暑さが続いている日本列島。

そんななか、お隣の韓国では、暑い夏に熱々のスープ「サムゲタン(参鶏湯)」を食べる習慣があるんです!

日本人の感覚からすると、暑いときはそうめんや冷やし中華、かき氷など、冷たい食べ物が欲しくなりますが、なぜ韓国では夏にサムゲタンが好んで食べられるのでしょう?

【暑さに効く世界の夏対策 #8】 韓国の「サムゲタン(参鶏湯)」01

熱々のサムゲタン。

韓国版「土用の丑の日」、「ポンナル(伏日)」

じつは、韓国にも日本の「土用の丑(うし)の日」のような、「ポンナル(伏日)」と呼ばれる日があり、夏の暑気払いに栄養のつくものを食べる習慣があります。

ポンナルは毎年7月から8月にかけて全部で3日あり、それぞれ「チョボッ(初伏)」「チュンボッ(中伏)」「マルボッ(末伏)」と呼ばれているんだそう。

このポンナルによく食べられるのが、鶏を使ったスープ「サムゲタン(参鶏湯)」なのです。

↑ 「ポンナル(伏日)」の日付とサムゲタンの写真が載ったチラシ。

日本人のイメージからすると、温かいスープがよく飲まれるのは寒い冬場だろうと思いきや、韓国では夏にいちばん食べられているんだそう。

日本では「土用の丑の日」になるとうなぎ料理屋さんに行列ができ、レストランやファーストフード店でも「うなぎ」の文字が並びますが、韓国では「ポンナル」になるとサムゲタン屋さんに行列ができ、スーパーには「鶏肉」がずらりと並びます。

両者ともに、まさに夏の風物詩と言える光景でしょう◎

「サムゲタン(参鶏湯)」ってどんな料理?

「サムゲタン(参鶏湯)」とは、鶏1羽をまるごと使い、高層人参ニンニクナツメなどの漢方と一緒にコトコト煮込んだスープ

もち米も入っているので、1品でお腹も満足できるスタミナ料理です。

じっくり煮込むことで鶏と漢方エキスがたっぷり溶け込んだスープは、栄養満点冷房で冷えた体にもぴったりです。

また、サムゲタンは辛くないため、スパイシーな食べ物が苦手な方でも大丈夫◎

【暑さに効く世界の夏対策 #8】 韓国の「サムゲタン(参鶏湯)」02

鶏をまるごと使った豪快なサムゲタン。

「熱をもって熱を制す」

韓国には、「イヨルチヨル(以熱治熱)」ということわざがあります。

これは、「熱をもって熱を制す」という意味合いの言葉で、暑い夏の日に汗をガンガンかきながら熱い料理を食べて、夏バテの食欲不振やだるさを吹き飛ばす、という目的から、このサムゲタンが好んで食べられているというワケです。

【暑さに効く世界の夏対策 #8】 韓国の「サムゲタン(参鶏湯)」03

日本の韓国料理屋さんでもよく見かけるサムゲタン。

日本でも「サムゲタン(参鶏湯)」が食べたい!

本場韓国では、鶏を1羽丸々使って作るサムゲタンですが、日本ではなかなか手に入りづらいですよね?

そのため、ご家庭でサムゲタンを作る場合には、骨付きの手羽などで代用してもOK。

「もっと手軽に食べたい!」という方は、コンビニで買えるサラダチキンサムゲタンの素を使って簡単に本場の味を再現することも可能です◎

また、サムゲタンは日本の韓国料理屋さんでもポピュラーなメニューですので、ポンナルの日に合わせてお店に食べに行くのも良いですね!

【暑さに効く世界の夏対策 #8】 韓国の「サムゲタン(参鶏湯)」04

漢方がたくさん入ったサムゲタン。滋養強壮にも最適!

ちなみに、2018年のポンナルは、7/177/27と、そして本日8/16です!

韓国伝統の暑さ対策、ご家庭でも今夜の夕食として、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか?

キーワード