【カンボジア】アンコール・ワット「アンコール王朝が遺した、壮大な都市遺跡」top

【カンボジア】アンコール・ワット「アンコール王朝が遺した、壮大な都市遺跡」

カンボジア北西部の都市、シェムリアップに位置するアンコール遺跡

かつてインドシナ半島全域を支配し、現在のカンボジア王国の源となったクメール王朝の首都として、9世紀~14世紀にかけて建設されました。

約400平方キロという広大なエリアには、ヒンドゥー教や仏教の寺院をはじめ大小600におよぶ遺跡群が残されていて、もちろん世界遺産にも登録されています。

国旗にも描かれている、アンコール遺跡最大の名所

【カンボジア】アンコール・ワット「アンコール王朝が遺した、壮大な都市遺跡」01

上空から望むアンコール・ワット。密林に囲まれた中にひっそりとたたずんでいる。

このアンコール遺跡を構成する多くの建物のなかでも最大規模を誇るのが、アンコール・ワットです。

「アンコール」サンスクリット語で「王都」を、「ワット」はクメール語で「寺院」を意味し、1113年に国王に即位したスーリヤヴァルマン2世によって、およそ30年という月日をかけて建設された、ヒンドゥー教寺院の遺跡です。

もともとはヒンドゥー教の神ヴィシュヌに捧げられたものでしたが、スーリヤヴァルマン2世の死後は、王を祀る霊廟となりました。

境内をぐるりと囲む濠を含めると、南北約1300m、東西約1500m、およそ200ヘクタールにおよぶ広さを誇る、アンコール・ワット。

三重の回廊の中心には、ヒンドゥー神話でヴィシュヌ神が降臨するとされる須弥山(メール山)をイメージして造られたという5つの祠堂が建ち、その壮麗な姿や建物を埋め尽くさんばかりに施された精緻なレリーフから、「クメール建築の最高傑作」と称されているほか、カンボジアの象徴として、国旗の中央にもその姿が描かれています

【カンボジア】アンコール・ワット「アンコール王朝が遺した、壮大な都市遺跡」02

聖池に上下対称に映し出された、アンコール・ワットの5つの祠堂。

【カンボジア】アンコール・ワット「アンコール王朝が遺した、壮大な都市遺跡」03

アンコール・ワットの壁面に彫られた繊細なレリーフ。これは「デバター像」といわれ、実在の女官や踊り子をモデルにしている。遺跡内には2000体ほどのデバター像があるが、表情や髪形、アクセサリーや服装などはそれぞれ違い、同じものはひとつとしてないという。

【カンボジア】アンコール・ワット「アンコール王朝が遺した、壮大な都市遺跡」04

ヒンドゥー教の最高神ビシュヌ神の像。

5つの祠堂の中心にある最も高い祠堂は高さ65mに達し、急な階段を登って頂上までたどり着ければ、視界を遮られることなく、アンコール・ワット全体を一望できます!

さらに最も有名な撮影ポイントといえば、正面入り口の西参道から眺めるアンコ ール・ワット

池の水面に映し出された上下対称の遺跡は、さらに神秘的。また、この場所は日の出スポットとしても人気が高く、早朝から多くの観光客でにぎわっています。

【カンボジア】アンコール・ワット「アンコール王朝が遺した、壮大な都市遺跡」05

アンコール・ワットの日の出と、日の出を見に集まった観光客(Efired / Shutterstock.com)。

まだまだあるアンコール遺跡の見どころ

広大なアンコール遺跡には、アンコール・ワット以外の見どころも数多くあります。

せっかく訪れたなら数日は滞在して、ゆっくりと遺跡群を巡りたいところですが、どうしても時間が取れないという方に、最低限見ておくべき遺跡を2つご紹介します◎

アンコール・トム

【カンボジア】アンコール・ワット「アンコール王朝が遺した、壮大な都市遺跡」06

バイヨン寺院。当初は仏教の寺院であったが、のちにアンコール王朝にヒンドゥー教が流入すると、寺院全体がヒンドゥー化した。

【カンボジア】アンコール・ワット「アンコール王朝が遺した、壮大な都市遺跡」07

穏やかな微笑みを浮かべた「バイヨンの四面像」。

アンコール・ワットの北に位置するアンコール・トムは、12世紀末~13世紀初頭に、ジャヤーヴァルマン7世によって建立された都市遺跡

3キロ四方の濠に囲まれた敷地には、約80の王宮や寺院の遺跡が点在していて、中心にあるヒンドゥー・仏教混交の寺院遺跡であるバイヨンや、「クメールの微笑み」と称される美しい微笑を浮かべた、塔の4面に彫られた人面像(バイヨンの四面像)など、ここだけでも1日かけて観光する価値があります。

タ・プローム

【カンボジア】アンコール・ワット「アンコール王朝が遺した、壮大な都市遺跡」08

ガジュマルの根に覆われたタ・プローム。

【カンボジア】アンコール・ワット「アンコール王朝が遺した、壮大な都市遺跡」09

アドベンチャー感満載の入り口。あまりの浸食のひどさから修復計画が持ち上がったが、樹木が遺跡を破壊しているのか、それともいまや遺跡を支えているのかという議論が起こり、そのままになっている。

アンコール・トムの東側に位置するタ・プローム

もともとはジャヤーヴァルマン7世により、12世紀末に仏教寺院として建立されましたが、のちにヒンドゥー教寺院に改修されたと考えられています。

ここの見どころは、巨大なガジュマルが寺院を飲み込むような勢いで根を張った光景。

アンジェリーナ・ジョリー主演の映画「トゥーム・レイダー」のロケ地となったことでも知られています◎

美しい姿の影にひそむ、深刻な崩壊危機

【カンボジア】アンコール・ワット「アンコール王朝が遺した、壮大な都市遺跡」10

仏教の聖地でもあるアンコール・ワットには、観光客以外にも多くの僧侶が訪れる。(aldarinho / Shutterstock.com)。

【カンボジア】アンコール・ワット「アンコール王朝が遺した、壮大な都市遺跡」11

広大なアンコール遺跡には、ゾウタクシーや、レンタルサイクル、人力車などさまざまなサービスがある(GuoZhongHua / Shutterstock.com)。

現在はアジアを代表する観光地として、世界中から多くの人々が訪れているアンコール遺跡ですが、1970年カンボジア内戦が勃発した際には、多くの建築物が崩壊の危機にさらされました。

破壊や略奪により荒廃が進んだことで、1992年に世界遺産に登録された際は、同時に危機遺産リストにも登録されることとなったのです。

その後、各国の支援を受けて修復作業が行われた結果、 2004年に危機遺産リストからは外されたものの、保存状態については未だに多くの課題が残されているそうです。

DATA

◉ベストシーズン:11月~5月

◉アクセス:シェムリアップ空港から車で約20分。

キーワード

【カンボジア】アンコール・ワット「アンコール王朝が遺した、壮大な都市遺跡」のページです。ドッカは、【Travel、アジア、カンボジア、世界の絶景、世界の美しい建築、世界遺産、聖地、遺跡】の最新ニュースをいち早くお届けします。