【世界のビール #4(後編)】「イタリアビール」の種類とオススメtop

【世界のビール #4(前編)】「イタリアビール」の種類とオススメ

「ワインよりもビールが好き」という、めずらしいイタリア人の僕がオススメしたい、世界のビールを紹介していくこのシリーズ。

第1回目のベルギービール「種類が多い」、第2回目のドイツビール「水ほど飲まれているもの」イギリスビール「ブリティッシュ・パブで飲むのが楽しい」というイメージでした◎

今回は、僕の国イタリアのビールをご紹介していきましょう!

ちなみに今回も、ご紹介させていただくビールのなかには、アルコール度数が10%以上のビールのもあるので、飲む際はじゅうぶんご注意くださいね。

イタリアビールの歴史

そもそもイタリアって、みんなワイン飲んでるんじゃないの? と思った方も多いのはないでしょうか?(笑)

その通り! ヨーロッパのなかで、イタリアはいちばんビールを飲んでない国です。

イタリア国内のビールの年間消費量は、なんと約30リットルだけ!!

それがどのくらい少ないかというと、ヨーロッパでいちばんビールを飲んでいるチェコが142.6リットルで、日本でも42.6リットルです。

イタリアよりビールを飲まない国は、イスラム教徒とアフリカぐらいしかないんです…….。

イタリアでも古代ローマ帝国の時代からビールを造っているのですが、やっぱりワインには負けてしまいます。

【世界のビール #4(前編)】「イタリアビール」の種類とオススメ01

ワイン用のブドウ畑がどこまでも続く、トスカーナの風景。

いちばん最初にイタリアにビールの醸造所ができたのも、1840年かなり最近のこと。それでも徐々に醸造所は増えていき、19世紀の終わりには140カ所にまでなりました。

そして1920年にビールの醸造がピークを迎えますが、1927年になると、新しい法律によってビールに課せられる税金が高くなったことから、ビールの消費がまた減っていきます。

けれど、ワインの税金はまた別だったため、ワインの製造量や消費量は、特に変わらなかったのです。

その後もビールの醸造は増えたり減ったりを繰り返していましたが、1996年になると、また状況が変わります

またまた新しい法律で、この年から「マイクロ・ブリュワリー(自家製の醸造所のこと)」が合法になったのです。

これによって小さな醸造所が全国各地に急に増えると、イタリアのビール文化がまた変わってきました。

【世界のビール #4(前編)】「イタリアビール」の種類とオススメ02

ローマの売店に並ぶビール。いろんな国のビールに混ざってイタリアのビールもちゃんとある(Baloncici / Shutterstock.com)!

いきなりビール造りのマニアになったイタリアは、良い意味で伝統がなく、スタイルやバリエーションも最初から多かったのです。

ベルギースタイル、ドイツスタイル、ダーク、ブロンド、エール、ラガー、ビター、フルーティー、オリジナルなど、イタリア人はどんなビールでも造り始めました

View this post on Instagram

#beer#birre#openbaladin#romabirra

A post shared by Gabriele Cancellieri (@gabrottant1) on

↑ イタリアのクラフトビールがたくさん並ぶバー。

こうしたイタリアの新しいトレンドが海外でも人気となり、最近は輸出もされるようになりました。特にアメリカは、イタリアのマイクロ・ブリュワリーが造ったクラフトビールを、最も輸入している国です。

ちなみに、昔からあったイタリアの有名な醸造所は、どんどん海外の会社に買われている状況。

【世界のビール #4(前編)】「イタリアビール」の種類とオススメ03

イタリアのビールのなかでも有名な「MORETTI(モレッティ)」(monticello / Shutterstock.com)。

・1846年誕生の「Peroni(ペローニ)」「Nastro Azzurro(ナストロ・アズーロ)」は、2016年に日本の「アサヒビール」

・1877年誕生の「Poretti(ポレッティ)」は、1982年にデンマークの「Carlsberg(カールスバーグ)」

・1859年誕生の「Moretti(モレッティ)」は、1996年にオランダの「Heineken(ハイネケン)」

ということで、「イタリアビール」というと、現在は「マイクロ・ブリュワリー」が主流ということになりますね!

 

後編では、いよいよマイクロ・ブリュワリーのオススメBEST 3をご紹介していきます◎

キーワード