【ベルギー】「屋根のない美術館」ブルージュは、秋にぴったりの旅行先! その見どころと魅力とは?top

【ベルギー】「屋根のない美術館」ブルージュは、秋にぴったりの旅行先! その見どころと魅力とは?

暑さもようやくおさまり、遠出にぴったりの季節=「秋」の訪れを感じる今日この頃。そこで今回は、そんな秋の旅行先にぴったりな都市、ベルギー北西部「ブルージュ」をご紹介したいと思います◎

世界遺産が3つもある街「ブルージュ」

【ベルギー】「屋根のない美術館」ブルージュは、秋にぴったりの旅行先! その見どころと魅力とは?01

旧市街中心のマルクト市場に立ち並ぶ、カラフルで可愛いギルドハウス。これらの建物は、中・近世に西欧都市の商工業者間で相互扶助を目的に結成された同業者組合「ギルド」の寄合所の役割を果たしていたもので、今ではレストランなどとして利用されている。

ブルージュは、ほかにもブルッヘブリュージュなどたくさんの呼び方をされます。ベルギーの公用語のひとつであるオランダ語では「Brugge」と書きますが、筆者は初見で「ブルッグ」と英語のアルファベット読みをして、大変恥ずかしい思いをしました。

さて、そんなブルージュには、ベルギーの首都ブリュッセル(Brussels)から、「IC(Inter City)」と呼ばれる特急列車で約1時間(乗り換えなし)という短時間でアクセスすることができます。

その昔から水路が発達し、中世に商業都市として栄えたブルージュ。古くからの街並みの横を流れる運河の景色は「北のベネツィア」と呼ばれるにふさわしい、おごそかな雰囲気が感じられるほか、1日で見て回れるほど小さな街でありながら、世界遺産が3つもあることでも知られます。

こうした背景から、ブルージュは別名「屋根のない美術館」とも称される、大変美しい街なのです。

【ベルギー】「屋根のない美術館」ブルージュは、秋にぴったりの旅行先! その見どころと魅力とは?02

紅葉と運河のコントラストの美しさ(Berna Namoglu / Shutterstock.com)。

旧市街全体が世界遺産!「ブルージュ歴史地区」

ブルージュは、旧市街のすべてが世界遺産になっています。

中世の名残を残す街並みを散歩したり、運河でボートに乗ってみたり、カフェで世界遺産の街並みを眺めながらゆっくりとした時間を楽しんだり、とてもぜいたくな時間を過ごすことができます◎

世界遺産に指定されている歴史地区では、市庁舎、教会、美術館など、中世の時代から変わらない建物に囲まれ、まるでタイムスリップしたかのような気分を味わえますよ!

【ベルギー】「屋根のない美術館」ブルージュは、秋にぴったりの旅行先! その見どころと魅力とは?03

マルクト広場に並ぶ馬車は、観光客にも大人気。

【ベルギー】「屋根のない美術館」ブルージュは、秋にぴったりの旅行先! その見どころと魅力とは?04

運河をめぐるボート(S-F / Shutterstock.com)。

【ベルギー】「屋根のない美術館」ブルージュは、秋にぴったりの旅行先! その見どころと魅力とは?05

ブルフ広場にある聖血礼拝堂。12世紀にフランダース伯爵家のチャペルとして建てられたもので、十字軍に参加したティエリー・ダルザスが、東方からキリストの聖なる血を持ち帰ったことに由来する教会(Yury Dmitrienko / Shutterstock.com)。

【ベルギー】「屋根のない美術館」ブルージュは、秋にぴったりの旅行先! その見どころと魅力とは?06

紅葉に彩られた、秋のミネワーテル湖。

マルクト広場の「ベルギーとフランスの鐘楼群」

【ベルギー】「屋根のない美術館」ブルージュは、秋にぴったりの旅行先! その見どころと魅力とは?07

ブルージュのシンボルでもある、鐘楼とマルクトホール。

旧市街の中心に位置する「マルクト市場」。この広場にある「ベルギーとフランスの鐘楼群」が、2つめの世界遺産です。

市民の自由を表しているこの鐘楼群、その高さは83メートルもあり、47の鐘が当時のブルージュの豊かさを表現しています。

そしてこちらの鐘楼には登ることもでき、展望台のようになっている場所から見渡すブルージュの景色は、ため息モノの美しさ。秋の澄み渡った空紅葉した木々鮮やかなオレンジの屋根のコラボレーションは、一見の価値アリです◎

【ベルギー】「屋根のない美術館」ブルージュは、秋にぴったりの旅行先! その見どころと魅力とは?08

鐘楼からの素晴らしい景色。中世のような街並みが今も残る。

「フランドル地方のベギン会修道院」

【ベルギー】「屋根のない美術館」ブルージュは、秋にぴったりの旅行先! その見どころと魅力とは?09

ブルージュのベギン会修道院。

マルクト広場を南西に15分ほど進んだところにあるのが、「フランドル地方のベギン会修道院」として世界遺産に登録されている修道院のひとつ、「ベギン会修道院」です。

こちらのベギン会修道院を含むフランドル地方の13の修道院が、ひとつの世界遺産として登録されているのですが、このブルージュのベギン会修道院は、なかでも特に保存状態が良いことで有名なのです。

マルクト広場からベギン会修道院に向かう道も情緒豊かで、秋の風を感じながら、どこを見ても絵画のように美しい景色のなかを歩くのも、とても楽しいですよ◎

「美食の国」ベルギーのグルメも堪能!

1日で周れるほどコンパクトな街でありながら、3つもの世界遺産を持つブルージュは、見ごたえ抜群。

このほかにも、ベルギーワッフルベルギーチョコレートムール貝ポテトフライ(おすすめです!)や、最近人気のベルギービールなど、「美食の国」としても有名なベルギーの味覚も存分に楽しむことができるブルージュ。

【ベルギー】「屋根のない美術館」ブルージュは、秋にぴったりの旅行先! その見どころと魅力とは?10

ベルギーチョコがたっぷりかかった、ベルギーワッフル。

【ベルギー】「屋根のない美術館」ブルージュは、秋にぴったりの旅行先! その見どころと魅力とは?11

運河を眺めながら、ゆっくりとベルギービールを飲む至福の時間(Alexander Tolstykh / Shutterstock.com)。

ぜひ、この秋の旅行先候補に加えてみてはいかがでしょう?

DATA

◎アクセス:ブリュッセルから特急列車 IC(Inter City)で約1時間。

キーワード

【ベルギー】「屋根のない美術館」ブルージュは、秋にぴったりの旅行先! その見どころと魅力とは?のページです。ドッカは、【Travel、ベルギー、ヨーロッパ、世界のかわいい村、世界の美しい街、世界遺産】の最新ニュースをいち早くお届けします。