大人も超楽しい!「キッザニア(KidZania)」Doccaがオススメする、週末おでかけスポット #02-top

大人も超楽しい!「キッザニア(KidZania)」Doccaがオススメする、週末おでかけスポット #03

平日はドタバタ忙しくてそれどころではないけれど、週末の朝になって「あれ? 予定がない! けど、 “ドッカ” 行きたい!」ってなること、ありませんか?

そんな方のプランの参考になればと、Docca編集部が新スポットや絶賛開催期間中のアレやコレに行って、「行ってきました!」「やってきました!」レポートをアップ

第3弾は、「キッザニア(KidZania)」!!

「子連れで”ドッカ”に行きたいな」とレジャー施設を探したとき、一番手に挙がるのは、やはり夢の国「ディスニーリゾート」や「USJ(ユニバーサルスタジオジャパン)」だと思いますが、”「キッザニア(KidZania)」も気になってる”という方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、キッザニアがどこの国発祥で、なぜ世界中の子どもたちをトリコにしているかということについて、ひも解いていきたいと思います!

また、キッザニアに初めて行くという方に向けて、Docca編集部スタッフがリアル体験をもとに書いたアドバイスもありますので、どうぞご参考になさってください◎

「キッザニア(KidZania)」はメキシコ・サンタフェ発祥!

大人も超楽しい!「キッザニア(KidZania)」Doccaがオススメする、週末おでかけスポット #02-01

UAE・ドバイのキッザニア。まるで本物の街のような造りになっている。(S-F / Shutterstock.com)

キッザニアが初めてオープンしたのは、1999年。メキシコの首都メキシコシティのサンタフェに、最初は「La Ciudad de los Niños(ラ・シウーダ・デ・ロス・ニーニョス、「子どもの街」という意味)」という名前でした。

その後、2番目に現在の名称である「キッザニア(KidZania)」としてメキシコの都市モンテレイにオープンすると、同年には3番目となる施設が、海を越えて初めての国際拠点として、日本・東京にオープンしたのです。

この「キッザニア東京」がフランチャイズ戦略として成功したことを受け、世界中に広がっていったキッザニア。現在では世界24カ所で、6000万人が訪れているそう。

また最近のニュースでは、日本で「キッザニア」を運営するKCJ GROUPを、KDDIが10月1日付で子会社化、2020年には名古屋にもオープンするということで、さらなるパビリオン・ジャンルの拡大が楽しみですね!

「キッザニア(KidZania)」ってどんなところ?

大人も超楽しい!「キッザニア(KidZania)」Doccaがオススメする、週末おでかけスポット #02-02

タイ・バンコクのキッザニア。キッザニアは「子どもの国」ということで、エントラスはその架空の国に行くイメージで、空港のようなデザインになっている。(Tooykrub / Shutterstock.com)

キッザニアは、3歳から15歳までの子どもたちが、楽しみながら社会のしくみを学ぶことができる「子どもが主役の街」。

体験できる仕事やサービスは、全部で100種類もあるんだとか! 実在の企業がスポンサーになったパビリオンで、子ども達は本格的な設備や道具を使い、大人のようにいろいろな仕事やサービスを体験することができます。

大人も超楽しい!「キッザニア(KidZania)」Doccaがオススメする、週末おでかけスポット #02-03

キッザニアといえばコレ! 消防士の体験では、消防車に乗って街の中を走る。(S-F / Shutterstock.com)

大人も超楽しい!「キッザニア(KidZania)」Doccaがオススメする、週末おでかけスポット #02-04

こちらはドバイのキッザニア。国によって消防士のコスチュームも違うのが楽しい。(S-F / Shutterstock.com)

大人も超楽しい!「キッザニア(KidZania)」Doccaがオススメする、週末おでかけスポット #02-05

こちらは日本のキッザニア。本物の水が出るホースを使って消火活動!(編集部撮影)

たとえば、お菓子工場や消防署、病院、デパートなどなど、子どもが興味のある仕事を自身で選び、本物そっくりのユニフォームや道具を使って、リアルな仕事が体験できるという、子どもにとっては夢のような場所。

さらに、子ども達の体験した仕事には「キッゾ」という架空の通貨で対価も発生し、そのお給料で品物を買ったり、銀行(そこで働くのも子どもたち◎)に預金できたりするなど、遊びを通してリアルな社会のルールを肌で体感できるという点も、キッザニアならではの魅力となっています。

ちなみに、体験で作った食べ物はその場で食べられたり、持ち帰れたりと、お腹がすく心配もナシ! 付き添いの大人はお仕事体験をすることはできませんが、子どもの作った食べ物のおこぼれがもらえるほか、大人でもふだんは見られないさまざまな仕事内容を見ているだけでも、その楽しさは格別でした!

大人も超楽しい!「キッザニア(KidZania)」Doccaがオススメする、週末おでかけスポット #02-06

研究者の仕事体験なんかもある。こちらはタイ・バンコクのキッザニアで、地質学者になれるパビリオン。(Tooykrub / Shutterstock.com)

大人も超楽しい!「キッザニア(KidZania)」Doccaがオススメする、週末おでかけスポット #02-07

女の子にはたまらない、美容室のパビリオン。美容師さんもお客さんも、みんな子どもたち◎(Tooykrub / Shutterstock.com)

大人も超楽しい!「キッザニア(KidZania)」Doccaがオススメする、週末おでかけスポット #02-08

ドバイのキッザニア。フェデックス(FedEx)では配送業者のお仕事体験を。(S-F / Shutterstock.com)

キッザニア・デビューするときのアドバイス

そんな楽しいことだらけのキッザニアですが、これから初めて行くというファミリーに、Docca編集部が声を大にして、ぜひぜひお伝えしておきたいことがあります!

その1. 服装はなるべくシンプルに!

大人も超楽しい!「キッザニア(KidZania)」Doccaがオススメする、週末おでかけスポット #02-09

ドバイのキッザニア。歯磨き粉などのメーカーであるコルゲート(Colgate)が提供する、歯医者さんになれるパビリオン。患者さんはもちろん人形!(S-F / Shutterstock.com)

それは、何をおいても「当日の服装」!!

キッザニアでは、各パビリオンごとに用意されているユニフォームが本格的で、とてもフォトジェニック。そのため、当日子どもたちが着る洋服は、なるべく余計な装飾のない、シンプルな服装をオススメします!

ということで、ユニフォームを生かす最大の服装は、【白の半袖Tシャツ】と、【黒系のフルレングス・パンツ】のみ。

たとえばピザ屋さんでお仕事体験するとしたら、袖が長いとピザ生地をこねたりするときに邪魔になりますし、フリルなどのあしらいもユニフォームのデザインの良さを台なしにしかねません!

ギッザニアの施設はすべて屋内にあるので、冬でも半袖で問題ありません◎

その2. ヘアスタイルはおとなしく!

大人も超楽しい!「キッザニア(KidZania)」Doccaがオススメする、週末おでかけスポット #02-10

ロシア・モスクワのキッザニア。チョコレート菓子を作れる、キンダ―(Kinder)のパビリオン。ユニフォームが激カワ◎(elina / Shutterstock.com)

それから、特に女の子の場合、ヘアスタイルも重要です。

食品系の工場をイメージしてもらえればわかりやすいのですが、作業中に髪の毛が落ちないよう、キッザニアでも子どもたちは不織布のネットをかぶってから帽子やヘルメットをかぶります。

そのため、両サイドの2つ結びなど、かぶるものの邪魔になったり、ヘアスタイルが崩れやすいものは避け、シンプルに後ろの低い位置でひとつに束ねるか、後ろに流すような三つ編みがオススメ。

いろんなお仕事を体験していると、ユニフォームと被り物の脱ぎ着でボサボサになりがちなので、それを踏まえたヘアスタイルにしておくと、どのパビリオンでもスタイルが決まりますよ☆

まとめ

大人も超楽しい!「キッザニア(KidZania)」Doccaがオススメする、週末おでかけスポット #02-11

キッザニアのキャラクターたちによるパフォーマンスも!(編集部撮影)

いかがでしたか? この季節、各レジャー施設もハロウィン仕様になっていますが、キッザニアでもハロウィン・イベントが開催され、期間限定アクティビティも用意されているそうなので、もし興味があれば、この機会にぜひ行ってみてはいかがでしょう?

今後、キッザニア内での過ごし方や、各パビリオンの体験談もアップしていくので、乞うご期待ください!

「キッザニア東京」詳細

■ 公式HP:http://www.kidzania.jp/tokyo/

キーワード