まるで『華麗なるギャツビー』!? アメリカ最大の大豪邸「ビルトモア・ハウス」とは?

日本では考えられないくらい、大きな家が立ち並ぶ、アメリカの住宅街。「こんな豪邸に一度は住んでみたい!」と思われる方も多いのではないでしょうか?

そんなアメリカのなかでも有名な超巨大個人邸宅が、アメリカ南東部のノースカロライナ州にあるのです!

それが、「全米最大の個人邸宅」と言われている、「ビルトモア・ハウス(Biltmore House)」

今回は、そんなアメリカ最大の大豪邸についてご紹介したいと思います◎

「ビルトモア・ハウス(Biltmore House)」とは?

まるで『華麗なるギャツビー』!? アメリカ最大の大豪邸「ビルトモア・ハウス」とは?1

フランス・ルネサンス様式で建てられたビルトモア・ハウス。部屋数はなんと255にもなります!

「ビルトモア・ハウス(Biltmore House)」または「ビルトモア・エステート(Biltmore Estate)」とは、アメリカで鉄道事業や海運業で財を成したヴァンダービルト家のジョージ・ヴァンダービルトが、1895年、ノースカロライナ州の都市アシュビルの近郊に、夏を過ごすための別荘として建てた個人邸宅。

↑ ビルトモア・ハウスのベッドルーム。貴族のお城にしか見えません!

じつはこの邸宅、現在では一般公開されており、ビルトモア・ハウスの敷地内には、レストランやホテル、コテージ、ワイナリー、結婚式会場まであるんです。

↑ こんなに素晴らしいお庭でウェディング・パーティーだなんて、うらやましい限りです……。まるで『華麗なるギャツビー』のリアル版!

ビルトモア・ハウスの周囲に広がる、美しい庭園。アメリカのスケール感、ハンパないです……。

「ヴァンダービルト家」について

こんなお城のような大豪邸を建てた「ヴァンダービルト家(Vanderbilt family)」。じつはビルトモア・ハウス以外にもアメリカ各地に数多くの邸宅を建てており、ビルトモア・ハウスがあるノースカロライナ州のお隣、テネシー州ナッシュビルには、なんとヴァンダービルト家が創設した大学、「ヴァンダービルト大学」まであるんですよ!

テネシー州ナッシュビルにある名門校、ヴァンダービルト大学。

現在でこそ、「没落した家族」や「金ぴか時代/Gilded Age(金メッキ時代)の象徴」などと言われ、皮肉的に描かれることもあるヴァンダービルト家ですが、アメリカ人なら誰もが知る、有名な一族なんです。

現在も活躍する、ヴァンダービルト家の末裔たち

じつは、ヴァンダービルト家の子孫たちは、今でもアメリカで活躍しているんです!

↑ ヴァンダービルト家の末裔グロリア・ヴァンダービルト。若い頃は女優、芸術家、デザイナーなどとして活動していたようで、アメリカン・ジーンズの初期のデザイナーとしても有名です。ちなみに現在も、94歳でご健在!

↑ グロリア・ヴァンダービルトの息子である、アンダーソン・クーパー。現在はアメリカの有名ニュースチャンネル、CNNのキャスターとして活躍しています。

「ビルトモア・ハウス」観光のおすすめシーズン

ビルトモア・ハウスは、春や秋に訪れ、素敵な庭園で散策や乗馬を楽しむのもおすすめですが、個人的には、クリスマス・シーズンに訪れ、豪華絢爛なクリスマス・デコレーションやイルミネーションを楽しむのが最高◎

まるで映画の中に入り込んだような気分を味わうことができますよ!

↑ ビルトモア・ハウス内の素晴らしいクリスマス・デコレーション。息を呑むほど美しい!

↑ ロマンチック・ムードあふれるクリスマスのビルトモア・ハウス。巨大なクリスマス・ツリーは、プロポーズのメッカにもなっています◎

まとめ

アメリカはまだまだ歴史が浅く、ヨーロッパなどに比べると歴史的な建築物は少ないですが、今回のビルトモア・ハウスやヴァンダービルト家の歴史をたどれば 、アメリカの歴史に触れることができるはずです。

アメリカ東部を訪れた際は、ぜひヴァンダービルト家ゆかりの場所を訪れてみてくださいね◎

ちなみに、ビルトモア・ハウスを訪れる際は、予約をするのを忘れずに!

DATA

◎ビルトモア・ハウスの公式サイト:https://www.biltmore.com/

◎ビルトモア・ハウスの公式予約サイト:https://shop-us.bestunion.com/BME/

キーワード