「ハロウィン」に最適! 女子にもおすすめしたい、「ゾンビコメディ」映画 BEST 5

ハロウィン――。それは、あの世とこの世の境界が薄くなり、死者が戻ってくるとされる日……。ということでハロウィンには、生ける屍・ゾンビのホラー・コメディ映画を観て、ハロウィン気分を盛り上げちゃいましょう!

今回は、女性にもおすすめしたい「ゾンビコメディ」映画を5本、ピックアップ! 比較的観やすいと思われるものから順に、ご紹介していきます☆

※この記事の情報は掲載時点のものです。
※ご紹介する作品にはグロテスクな表現が含まれる場合があります。苦手な方はご注意ください。

1.『ウォーム・ボディーズ』(2013年・アメリカ)

あらすじ

人間だったときの記憶と感情がわずかに残る「ゾンビ男子」“R”は、ある日、食事するために襲った人間たちのなかに、美しく勇ましい「人間女子」”ジュリー”を見つけ、ひと目惚れしてしまう。

そこでRは自分の住処に彼女を連れ帰り、ほかのゾンビから守り抜くことを誓う。

最初はRを恐れ、拒絶していたジュリーだが、しだいにRの純粋さや優しさに心惹かれていき――?

『ウォーム・ボディーズ』のおすすめポイント

人間とゾンビが敵対する終末の世界を舞台に描かれる、ゾンビ男子と人間女子のハートフルラブ・コメディ。

とっても良質なゾンビラブ・ストーリーです。設定やストーリーはシンプルでわかりやすく、テンポもよいので、ゾンビ映画入門としてもおすすめ◎

スプラッター要素もほぼなく、ゾンビものに馴染みがない女性でも非常に観やすい映画。ゾンビコメディなのに、心がホッと温まる作品です!

「ハロウィン」に最適! 女子にもおすすめしたい、「ゾンビコメディ」映画 BEST 5

ウォーム・ボディーズ (字幕版)

Buy for Amazon

2.『ゾンビランド』(2009年・アメリカ)

あらすじ

謎の新型ウイルスがパンデミックを引き起こし、人類の大半がゾンビと化した世界。

アメリカ・テキサス州に住む引きこもりの大学生・コロンバスは、“生き残るための32のルール”を作り、それを実践して生き延びてきた。

両親の住むオハイオ州へと向かっていたコロンバスは、旅の途中、最強のハンター・タラハシー、美人詐欺師の姉妹ウィチタとリトルロックと出会い、ゾンビがいないと噂される、ロサンゼルス郊外の遊園地「パシフィックランド」を目指すことになる。

偶然知り合った4人の男女が繰り広げる、痛快サバイバルホラー・コメディ!

『ゾンビランド』のおすすめポイント

オスカー女優のエマ・ストーン、ウディ・ハレルソン、ジェシー・アイゼンバーグ、ビル・マーレイなど、豪華キャストが出演する大ヒットゾンビ映画。

日本での公開当時も大変話題となって、ゾンビものやB級映画に興味のなかった映画好き女子を振り向かせたという名作です◎

グロテスクなシーンも多いですが、ロードムービーとラブストーリーの要素も加わっているので、大人女子も楽しめるはず!

全米での公開から10周年となる2019年に、続編の公開が予定されています。楽しみー!!!

「ハロウィン」に最適! 女子にもおすすめしたい、「ゾンビコメディ」映画 BEST 5

ゾンビランド (字幕版)

Buy for Amazon

3. 『ショーン・オブ・ザ・デッド 』(2004年・イギリス)

あらすじ

ロンドンに暮らすショーンは、いい歳した大人なのにやる気ゼロ。親友のエドと馴染みのパブに入り浸って生気のない日々を送り、ついには恋人リズにも愛想を尽かされる始末。

落ち込んだショーンがしこたま酒を飲んで目覚めた翌朝、街はゾンビであふれかえっていた!

クリケット・ラケットを武器に、愛する恋人、母親、友人たちを救うため、ヒーローとなってゾンビに立ち向かうが――!?

映画史に残る傑作ゾンビホラー・コメディ!

『ショーン・オブ・ザ・デッド』のおすすめポイント

ゾンビコメディの代表格として知られる『ショーン・オブ・ザ・デッド 』。

1978年に制作されたゾンビ映画の巨匠ジョージ・A・ロメロ監督のホラー映画『ゾンビ(原題: Dawn of the Dead)』をはじめ、過去に公開されたゾンビ映画へのリスペクトとオマージュがふんだんに詰め込まれた、ホラー・コメディの傑作です。

ゾンビへの愛とブラック・ユーモアにあふれる作品。笑えます! ゾンビ映画やB級映画に慣れてきたら、ぜひ◎

「ハロウィン」に最適! 女子にもおすすめしたい、「ゾンビコメディ」映画 BEST 5

ショーン・オブ・ザ・デッド [DVD]

Buy for Amazon

4.『ゾンビ革命 ― フアン・オブ・ザ・デッド』(2011年・スペイン、キューバ)

あらすじ

人生の大半をキューバという国で何もせずに過ごしてきた、40代の怠け者・フアン。美しく成長した娘のカミーラだけが唯一大切な存在だ。

しかしある日、突如として街に異変が起こる。人々が凶暴になり、互いを襲い出したのだ。

フアンは新たな革命が起こったのだと考えるが、しだいに暴徒が人ではなくゾンビであることに気づく。

そこでフアンは、ゾンビになってしまった近親者を殺せない人のために、「ゾンビ殺害の代行ビジネス」を始め、ゾンビとの闘いに挑む――!!

ゾンビ映画界に革命を起こした(!?)キューバ発の、ゾンビムービー。

『ゾンビ革命 ― フアン・オブ・ザ・デッド』のおすすめポイント

先にご紹介した『ショーン・オブ・ザ・デッド』にインスパイアされたといわれるこの作品。

こちらの主人公・フアンもなかなかにろくでなしですが、でもなんだか妙にかっこいい、異色のヒーロー。フアンの仲間たちも皆、個性的です◎

グロテスクな表現は多めで、キューバ社会を風刺的に描くシーンもありますが、笑いアリ感動アリの、お国柄がよく表れたテンション高めの陽気なゾンビコメディ。

ハリウッド系とはまた少し違ったゾンビの魅力に触れられます!

「ハロウィン」に最適! 女子にもおすすめしたい、「ゾンビコメディ」映画 BEST 5

ゾンビ革命-フアン・オブ・ザ・デッド- [DVD]

Buy for Amazon

5.『ゾンビハーレム』(2009年・イギリス)

あらすじ

妻に別れを告げられた中年男・ヴィンス。友人たちはヴィンスを元気づけようと、傷心旅行を計画する。

男たちが向かった先は、女の人口が男の4倍という魅惑の街「ムードリー」。しかし、街の女たちは皆、ゾンビと化していた――!

男の血肉に飢えた女ゾンビが襲いくる、痛快ホラー・コメディ!!

『ゾンビハーレム』のおすすめポイント

ステキなおバカゾンビ映画! くだらない、でも面白い!

女ゾンビが男を襲うというストーリーで、ゾンビやB級映画、スプラッターに耐性のある女性におすすめしたい作品です!

登場する女ゾンビたちは、歯科医や美容師、ウエディングドレス姿など、生前の職業やゾンビになったときの状況を想像させるいでたちで、それぞれキャラが立っているのも魅力的。

本作には女性を侮蔑するようなブラックジョークがときどきあり、ハッとしたり、イラッとしたり、爆笑したりと、人によって感じ方が分かれるかもしれませんが、どんどんと色濃くなっていく「男 VS 女」の構図に、ついゾンビ側を応援したくなる場面もあったりして、女性が観ると思いのほか、新感覚なゾンビ映画です◎

「ハロウィン」に最適! 女子にもおすすめしたい、「ゾンビコメディ」映画 BEST 5

ゾンビハーレム [DVD]

Buy for Amazon

キーワード