【メキシコ】サント・ドミンゴ教会「豪華絢爛な輝きを放つ、”天使の町”の教会」top

【メキシコ】サント・ドミンゴ教会「豪華絢爛な輝きを放つ、”天使の町”の教会」

メキシコの首都であるメキシコシティとメキシコ湾を結ぶ交通の要衝にあり、標高2100メートルの高地に位置するプエブラは、1531年にスペインの宣教師によって築かれた町。

かつて宣教師の夢に天使が現れ、この地に町を造るよう告げたという伝説から、「天使の町」との異名を持つことで知られています。

既存の先住民都市を基盤とせず、スペイン人の都市として設立されたプエブラには、16世紀頃に建造されたスペイン植民地時代のコロニアル建築とキリスト今日文化が色濃く残っており、1987年に「プエブラ歴史地区」として、世界遺産に登録されました。

【メキシコ】サント・ドミンゴ教会「豪華絢爛な輝きを放つ、”天使の町”の教会」01

メキシコらしいカラフルにペイントされた家々が軒を連ねる、「サポス通り(Callejón de los Sapos)」。

【メキシコ】サント・ドミンゴ教会「豪華絢爛な輝きを放つ、”天使の町”の教会」02

陶器の街としても有名なプエブラ。カラフルな陶器の数々は、コレクションしたいほど、どれもキュート。

サント・ドミンゴ教会の歴史

【メキシコ】サント・ドミンゴ教会「豪華絢爛な輝きを放つ、”天使の町”の教会」03

プエブラの中心広場(ソカロ)からすぐの場所にある、世界有数の美しさとも言われるサント・ドミンゴ教会。赤、白、黄色を基調としたカラーがまた可愛い。

【メキシコ】サント・ドミンゴ教会「豪華絢爛な輝きを放つ、”天使の町”の教会」04

真っ赤な外壁とは対照的な、黒い火成岩で造られた教会のファサード(正面)。(Marisol Rios Campuzano / Shutterstock.com)

プエブラの建設と時を同じくして、16~17世紀に建立されたサント・ドミンゴ教会は、スペインの聖人である「聖ドミンゴ」を記念した教会です。

「聖ドミンゴ」とは、キリスト教のドミニコ会を創設したカトリックの修道士で、ロザリオを用いた聖母マリアへの祈祷(きとう)を体系化したことで知られている人物。

この「ロザリオの祈り」を聖母にささげるため、サント・ドミンゴ教会内にはきらびやかなバロック様式の「ロザリオ礼拝堂」がしつらえられました。

スペインの宣教師たちは、ロザリオを用いた分かりやすい祈り方と、豪華絢爛(けんらん)なキリスト教文化を見せることで、先住民へのキリスト教の普及を図ったのではないかと推察されています。

【メキシコ】サント・ドミンゴ教会「豪華絢爛な輝きを放つ、”天使の町”の教会」05

中央に聖人が居並ぶ、サント・ドミンゴ教会の中央祭壇。(Kit Leong / Shutterstock.com)

【メキシコ】サント・ドミンゴ教会「豪華絢爛な輝きを放つ、”天使の町”の教会」06

中央祭壇の左手に回り込んだ場所にある、ロザリオ礼拝堂の内部。目がくらむような装飾が施されている。(posztos / Shutterstock.com)

【メキシコ】サント・ドミンゴ教会「豪華絢爛な輝きを放つ、”天使の町”の教会」07

天井部分までびっしりと装飾が施されている、ロザリオ礼拝堂。

【メキシコ】サント・ドミンゴ教会「豪華絢爛な輝きを放つ、”天使の町”の教会」08

壁面、祭壇、柱、天井はすき間を埋め尽くすように細かい装飾がなされていて、金ぱくで覆われている。

【メキシコ】サント・ドミンゴ教会「豪華絢爛な輝きを放つ、”天使の町”の教会」09

教会内に無数にある像のなかには、スペインというよりも、どこかメキシコの先住民インディオに似た顔をしているものがある。(Kit Leong / Shutterstock.com)

【メキシコ】サント・ドミンゴ教会「豪華絢爛な輝きを放つ、”天使の町”の教会」10

メキシコ・バロックの最高傑作とも称される、ロザリオ礼拝堂の装飾。(Kit Leong / Shutterstock.com)

サント・ドミンゴ教会の見どころ

一見するとシンプルに見えるサント・ドミンゴ教会の外観。その一方で、1690年に増築された「ロザリオ礼拝堂」内部には、壁や天井の至る所に金箔(きんぱく)と石膏(せっこう)細工によるレリーフがこれでもかというほど施され、目もくらむような空間が広がっています。

また、祭壇に安置されている聖母像の冠には宝石がちりばめられ、こちらもまばゆい輝きを放っています。

【メキシコ】サント・ドミンゴ教会「豪華絢爛な輝きを放つ、”天使の町”の教会」11

ロザリオ礼拝堂の祭壇。中央の白いドレスを着ている像が、聖母マリア。(Kit Leong / Shutterstock.com)

【メキシコ】サント・ドミンゴ教会「豪華絢爛な輝きを放つ、”天使の町”の教会」12

マリア像は手に幼子イエスを抱いている。(Anton_Ivanov / Shutterstock.com)

DATA

◉アクセス:メキシコシティからプエブラまで、バスで約2時間。

◉休業日:無休

キーワード