【寒い季節にピッタリな、世界のあったか料理 #02】ノルウェーの「カリフラワースープ」top

【寒い季節にピッタリな、世界のあったか料理レシピ #02】ノルウェーの「カリフラワースープ」

 

上着やコートも必要になってきた今日このごろ、本格的な冬の気配がすぐそこに感じられますね。そして、「おでん」や「鍋」など、あったかい料理が恋しくなってくる季節です◎

このシリーズでは、そんな寒い季節にピッタリな、世界のあったか料理をご紹介!

第2回目は、厳しい冬のイメージがある北欧の国ノルウェーの、「カリフラワースープ(Blomkålsuppe)」をご紹介します◎

ノルウェーの冬の定番料理

【寒い季節にピッタリな、世界のあったか料理 #02】ノルウェーの「カリフラワースープ」01

ノルウェーの冬の定番料理「カリフラワースープ」。

ノルウェーの冬のイメージは、それこそ”極寒”といったイメージがありますが、首都であるオスロでは、冬の平均最低気温がマイナス1桁程度で、「北海道の札幌とほぼ同じ」と言われています。

とはいえやはり、「かなり寒い」というのも確か。

【寒い季節にピッタリな、世界のあったか料理 #02】ノルウェーの「カリフラワースープ」02

北極圏のノルウェー。冬にはオーロラだって普通に見られるほど!

そんな寒いノルウェーに暮らす人々の食卓には、冬になると「カリフラワースープ」が定番と言っていいほど登場します。

カリフラワーの効能

【寒い季節にピッタリな、世界のあったか料理 #02】ノルウェーの「カリフラワースープ」03

ヘルシーなカリフラワー!

ブロッコリーと比べると、”色も白いしあまり栄養素がない”と思われがちな、カリフラワー。本当はそんなことないんですよ!

ということで、ここでカリフラワーの効能を見てみましょう!

■ ビタミンB群が多い:新陳代謝を高める効果

■ ビタミンC:美肌とアンチエイジングに効果

■ カリウム:むくみ解消

■ 食物繊維:腸内環境をキレイに

こんなに体にいいことがたくさんあるカリフラワー!

さらに、カリフラワーは食後血糖値の上昇度を示す指標「GI(Glycemic Index、グリセミック・インデックス)」値が低く、血糖値の上昇を穏やかにする「低GI食品」としても最近注目を集めており、パンやご飯の代わりにカリフラワーを食べるという人が増えているんです。

カリフラワースープのレシピ

【寒い季節にピッタリな、世界のあったか料理 #02】ノルウェーの「カリフラワースープ」04

カリフラワーを数個とっておき、両面に焼き色が付くまでローストしても◎

用意するもの(3~4人前)

■ カリフラワー …… 1個(大)

■ コンソメスープの素 …… 2個

■ 水 …… 800cc

■ 小麦粉 …… 大さじ1

■ 牛乳 …… 100cc

■ オリーブオイル …… 大さじ1

■ コショウ …… 少々

手順

1. ナベに水を入れて沸騰させ、ひと口大に切ったカリフラワーと、コンソメスープの素を入れる。

2. カリフラワーがゆで上がったら、ミキサーに移し入れて混ぜて、再度ナベに戻す。

3. ボウルに小麦粉と牛乳を入れてよくかき混ぜる。

4. 【3】をナベに少しずつ加え、スープにとろみをつける。

5. とろみがついたら、器に盛り、コショウを少々かけたら完成!

 

以上です!

お好みで、最後にベーコンを刻んだものを加えても美味しいですよ! または、最後の飾り付け用として、カリフラワーを2~3個ミキサーにかけずに取っておいてもgood◎

【寒い季節にピッタリな、世界のあったか料理 #02】ノルウェーの「カリフラワースープ」05

最後にカリッと焼いたベーコンとチーズをプラスすれば、ボリュームアップ!

【寒い季節にピッタリな、世界のあったか料理 #02】ノルウェーの「カリフラワースープ」06

トーストと一緒にどうぞ◎

【寒い季節にピッタリな、世界のあったか料理 #02】ノルウェーの「カリフラワースープ」07

彩りでパセリをかけてもいいですね!

北欧ノルウェーのあったか料理「カリフラワースープ」、ぜひご家庭でもお試しください◎

キーワード