睡眠不足になりがちな長時間フライトの飛行機で、ぐっすり眠れるようになる裏ワザ BEST 8

楽しみにしていた海外旅行でも、長時間のフライトや時差ボケなどで睡眠不足になり、せっかくの旅先ではいつもグッタリ……なんていう人も少なくないのでは? 旅慣れたジェットセッターたちのなかには、旅先の生活時間に合わせるため、機内でしっかりと睡眠をとっておくという人も多いようです。

そのために、フライト当日の少し前から日常のルーティンを調整し、フライト中に睡眠できるよう睡眠時間の習慣をずらしたり、出発前日の睡眠時間を減らしたりすることで、フライト中眠くなるように工夫しているという人も。

そうはいっても、狭い機内と飛行機のエンジンの騒音のなかで眠りにつくのはなかなか難しいものですよね?

でもじつは、機内でリラックスできるように心がけるだけでも、じゅうぶんな睡眠がとれるようになるんです!

そこで今回は、海外に行くことの多い旅好きのエディターが、機内での快適な睡眠を可能にする裏ワザをご紹介します◎

01. 着心地のよい服装はマスト

睡眠不足になりがちな長時間フライトの飛行機で、ぐっすり眠れるようになる裏ワザ BEST 8 01

公共の場でパジャマを着るのは気が引けますが、レギンスやジョガーパンツならトレンドの「アスレジャー」スタイルのおしゃれを楽しめるだけでなく、リラックス効果もバツグン!

柔らかい素材、またはストレッチ素材のアイテムは、窮屈な座席に座っていても手足を動かしやすいうえ、体も締め付けないのでオススメです◎

睡眠不足になりがちな長時間フライトの飛行機で、ぐっすり眠れるようになる裏ワザ BEST 8

Lululemon ワンダーアンダーパンツIII Full-On Luon

Buy for Amazon

02. 靴下にもこだわって

睡眠不足になりがちな長時間フライトの飛行機で、ぐっすり眠れるようになる裏ワザ BEST 8 02

機内は冷えることも多いので、靴下は欠かせません。

暖かいカシミアの靴下や、厚手のウールの靴下も良いですが、「コンプレッションソックス(着圧ソックス)」など足首やふくらはぎに圧力をかける靴下を履くことで、血行を促進してむくみを予防し、疲れにくくなります◎

睡眠不足になりがちな長時間フライトの飛行機で、ぐっすり眠れるようになる裏ワザ BEST 8

SB SOX 圧縮ソックス (20-30mmHg)

Buy for Amazon

03. 機内用スリッパを持参する

睡眠不足になりがちな長時間フライトの飛行機で、ぐっすり眠れるようになる裏ワザ BEST 8 03

機内では、靴を脱いだほうがリラックスできます。ですが、そうすると洗面所へ行くたびにいちいち靴を履く必要が出てしまうのが難点。

それが面倒なこともあって、筆者はいつも”使い捨てができる機内用スリッパ”を持参しています。

そうすれば足も圧迫されませんし、脱ぎ履きも楽なうえ、機内を歩き回ることもできるので、一足持っているととても便利です◎

睡眠不足になりがちな長時間フライトの飛行機で、ぐっすり眠れるようになる裏ワザ BEST 8

FITKICKS フィットキックス ピンク

Buy for Amazon

04. フード付きのトップスで殻に閉じこもる

睡眠不足になりがちな長時間フライトの飛行機で、ぐっすり眠れるようになる裏ワザ BEST 8 04

狭くて静かな機内では、ほかの乗客が歩き回ったりしゃべったりする音など、人の気配が気になって落ち着かないこともありますよね?

そんなときは、思い切って「殻に閉じこもる」ことをオススメします!

なかでもフード付きのトレーナーなら、頭からスッポリとフードを被ることができ、周りの世界を遮断できます。

顔の半分まで被れるような大きめなフードをチョイスすれば、まさに「殻に閉じこもった」ような気分になり、安心感がありますよ◎

睡眠不足になりがちな長時間フライトの飛行機で、ぐっすり眠れるようになる裏ワザ BEST 8

Lululemon SWEATER レディース

Buy for Amazon

05. 耳栓で騒音を完全にブロック

睡眠不足になりがちな長時間フライトの飛行機で、ぐっすり眠れるようになる裏ワザ BEST 8 05

絶え間なく聞こえてくる飛行機のエンジン音は、睡眠を妨げる最大の要因でもあります。

そんな長時間のフライトで絶対に欠かせないのが、「耳栓」。なかでもシリコン製の柔らかい耳栓なら、長時間装着していても耳が痛くならず、また遮音性も高いので、快眠に必要な静かな環境を作ることができます。

睡眠不足になりがちな長時間フライトの飛行機で、ぐっすり眠れるようになる裏ワザ BEST 8

Macks Pillow Soft シリコン耳栓 6ペア

Buy for Amazon

06. ノイズキャンセリング機能付きのヘッドホンが便利

睡眠不足になりがちな長時間フライトの飛行機で、ぐっすり眠れるようになる裏ワザ BEST 8 06

周りの音を”完全に”遮断したいなら、耳栓をつけてから、さらにノイズキャンセリング機能のあるヘッドホンをつけるといいでしょう。

そうすれば、飛行機のエンジン音だけでなく、周囲の人の話し声や小さな子どもの泣き声など、身の回りの音もブロックすることができます。

特にワイアレスのヘッドホンなら、コードが絡まることもなく使いやすいですよ◎

睡眠不足になりがちな長時間フライトの飛行機で、ぐっすり眠れるようになる裏ワザ BEST 8

Mpow 059 Bluetooth Headphones Over Ear

Buy for Amazon

07. アイマスクで光を遮断

睡眠不足になりがちな長時間フライトの飛行機で、ぐっすり眠れるようになる裏ワザ BEST 8 07

たとえ機内の照明が暗くなったとしても、隣席の人が観ている機内エンターテイメントのスクリーン画面や読書灯などが明るく、キャビン内は完全に真っ暗にはなりません。

そのため、暗い方が眠れるという人は、アイマスクは必需品。さらに、どんな光も漏らしたくない真っ暗闇が必須という人は、トレーナーのフードを被り、その上からアイマスクをつけて、頭部全体を包み込むようにするといいかもしれません。

睡眠不足になりがちな長時間フライトの飛行機で、ぐっすり眠れるようになる裏ワザ BEST 8

YIVIEW Sleep Mask

Buy for Amazon

08. ネックピローで快眠を補助

睡眠不足になりがちな長時間フライトの飛行機で、ぐっすり眠れるようになる裏ワザ BEST 8 08

飛行機の狭い座席で眠ろうとする場合には、やはり「ネックピロー」があると助かります。

とはいえ、座った状態でウトウトしはじめると、どうしても頭が前に倒れてきてしまうため、顎がきちんと支えられていないと、寝違えて首を痛めたり肩が凝ったりしてしまいます。

そういったことを防ぐためにも、ネックピローをつけるときは頭の後ろからではなく顔の前側から巻くようにし、顎をしっかり支えるようにしましょう。

最近は顎の部分までしっかりと巻きつけられる商品などもありますので、自分の寝方に合ったネックピローを選ぶといいでしょう◎

 

睡眠不足になりがちな長時間フライトの飛行機で、ぐっすり眠れるようになる裏ワザ BEST 8

BCOZZY Chin Supporting Travel Pillow

Buy for Amazon

キーワード