【寒い季節にピッタリな、世界のあったか料理 #03】ネパールの「モモ(Momo)」top

【寒い季節にピッタリな、世界のあったか料理レシピ #03】ネパールの「モモ(Momo)」

ついに本格的な冬が訪れ、「おでん」や「鍋」など、あったかい料理が恋しくなってくる時期になりました

このシリーズでは、そんな寒い季節にピッタリな、世界のあったか料理をご紹介!

第3回目は、ヒマラヤ山脈にそびえたつ世界最高峰「エベレスト(チョモランマ)」を擁する国、ネパールの「モモ(Momo)」をご紹介します◎

ネパールのローカルフード「モモ(Momo)」とは?

【寒い季節にピッタリな、世界のあったか料理 #03】ネパールの「モモ(Momo)」01

湯気が上がるモモの屋台。(Oliver Foerstner / Shutterstock.com)

ネパールの街のあちこちで見かける、食べ物の屋台。その屋台で売られているのが、今回ご紹介する「モモ(Momo)」です。

モモとは、シンプルに説明するとネパール風ギョウザのこと。ネパールではメインの食事として、もしくは小腹がすいたときに食べるスナックのような感覚で食べられている料理です。

ネパールでは街のいたるところに「モモ屋」があり、ネパールの人々からとても愛されているというのが分かる、まさにローカルフードなんです◎

【寒い季節にピッタリな、世界のあったか料理 #03】ネパールの「モモ(Momo)」02

ネパールの街の至る所で見かける、モモの屋台。写真はネパール中部の街ポカラにて。(StreetVJ / Shutterstock.com)

モモに使われている主な食材は、水牛(!)、羊、鶏、豚などの肉と、タマネギやネギなどの野菜。そこに数種類のスパイスを加えたピリ辛の具材が特徴です。

水牛の肉は日本ではなかなか手に入らないため、日本にあるネパール料理店などでは、水牛の代わりに鶏肉や羊肉が多く使われているそう(後述する筆者のハウスメイトは鶏肉を使っていました)。

ちなみに、ベジタリアンのために、肉を使用しない「ベジタブル・モモ」というものもあるそうです◎

モモのメイン調理方法は「蒸し」ですが、ギョウザのように、「揚げモモ」や「ゆでモモ」、「焼きモモ」など、さまざまなバリエーションで楽しまれています

【寒い季節にピッタリな、世界のあったか料理 #03】ネパールの「モモ(Momo)」03

焼きモモ。

【寒い季節にピッタリな、世界のあったか料理 #03】ネパールの「モモ(Momo)」04

揚げモモ。

野菜、肉、スパイスで体がポカポカに!

【寒い季節にピッタリな、世界のあったか料理 #03】ネパールの「モモ(Momo)」05

このソースがまたおいしいんです!

世界最高峰の山、エベレスト(チョモランマ)があることで知られるネパールは、”極寒の冬”というイメージがありますが、少なくとも首都カトマンズの冬の平均最低気温は3℃ほどと、日本の東京と同じくらいの寒さです。

とはいえ、冬が寒いのは同じ。ネパールにおいて、モモは1年を通して食べられていますが、いちばんの季節はやっぱり冬!

モモはカレー風味のソースにつけていただくのですが、アツアツで食べるモモは、まるで小籠包のように野菜と肉から出たスープがたっぷり入っていて、あとから追いかけてくるスパイスの辛味と一緒に体を温めてくれます

モモで好き嫌いを克服!?

【寒い季節にピッタリな、世界のあったか料理 #03】ネパールの「モモ(Momo)」06

1個1個が小さいので、パクパク食べれてしまいます!

ところで、何を隠そう、モモは辛いものが苦手でパクチー大嫌いだった筆者を、「辛いもの&パクチー好き」に変えた料理でもあるんです!

筆者はアメリカ留学時代にネパール人の女の子とハウスシェアをしていた時期があり、その彼女が作ってくれたモモがあまりにも絶品だったため、パクチー入り&スパイシーなのにもかかわらず食べまくり、ついにはこの2つの好き嫌いを克服させてくれたという、スゴイ料理です(笑)

モモのレシピ

【寒い季節にピッタリな、世界のあったか料理 #03】ネパールの「モモ(Momo)」07

ギョウザとはまた少し違う包み方。

用意するもの(3~4人前)

【モモの皮】

■ ギョウザの皮 …… 50枚

【具材】

■ 鶏ひき肉 …… 200グラム

■ タマネギ(あれば紫タマネギ) …… 1個(みじん切り)

■ トマト …… 大1/4個(みじん切り)

■ パクチー …… 1束の半分(みじん切り)

■ 塩コショウ …… ひとつまみ

■ サラダ油 …… 小さじ1

■ クミンパウダー …… 大さじ1(*)

■ ガラムマサラ …… 小さじ1(*)

■ チリパウダー …… お好みで

【ソース】

■ トマト …… 3/4個

■ タマネギ(あれば紫タマネギ) …… 1個(みじん切り)

■ ニンニク …… 1片(みじん切り)

■ トマト缶 …… 1缶

■ パクチー …… 1束の半分(ざく切り)

■ 塩 …… 大さじ1

■ クミンパウダー …… 大さじ2(*)

■ ガラムマサラ …… 小さじ1(*)

■ チリパウダー …… お好みで

*クミンパウダー&ガラムマサラがない場合は、市販のカレースパイスを入れてください。

手順

1. 【具材】の材料をすべてボウルに入れ、よく混ぜ合わせる

2. ギョウザの皮の中心に具材を載せて、中心に皮のひだができるように包む

3. ソースを作る。深めのフライパンに油をひき、ニンニクとタマネギを入れて炒める

4. トマト、トマト缶、塩を加えて5~10分煮込む

5. さらに調味料を加え、ひと煮立ちさせたらフライパンを火からおろして粗熱をとる

6. 具材を包んだモモを蒸し器に並べ、15~20分蒸す

7. モモを蒸している間に、【5】のフライパンの中身とパクチーをミキサーにかけ、パクチーが細かくなるまで混ぜ合わせる

8. 蒸しあがったモモを皿に盛り、ソースを添えたらできあがり!

 

ネパールのあったか絶品料理「モモ」、ぜひご家庭でも作ってみてくださいね◎

キーワード