映画「アリー/スター誕生」【テアトル・オネェ 第15回】

新しい映画から古い映画まで、オネエ目線で紹介するDoccaの架空映画館「テアトルオネエ」

今回は、12月21日から公開される新作映画、レディー・ガガ主演の「アリー/スター誕生」を◎

映画「アリー/スター誕生」【テアトル・オネェ 第15回】01
◎「アリー/スター誕生」のおすすめポイント

■ 4度目のリメイクは、現代に舞台を設定

■ レディー・ガガ、一世一代の名演技!!

■ 珠玉の楽曲ばかりでサントラはゼッタイ買うべき

◎気になるあらすじは……?

カントリー歌手として国民的人気を誇るジャクソン・メイン(ブラッドリー・クーパー)。そんな彼がライブの帰りにふと立ち寄ったバーで、紹介されたのがアリー(レディー・ガガ)だった。

小さな舞台で歌うその姿、そして歌声に才能を感じたジャクソンは、次のコンサートに彼女を起用。やがて2人は愛し合うようになるの。

でも、アリーの人気が大きくなっていく反面、ジャクソンは酒とドラッグに溺れていくように……。さて、2人の愛のゆくえはいかに? ってお話よ◎

◎4度目のリメイクだけど、なかなかイイのよ!

映画「アリー/スター誕生」【テアトル・オネェ 第15回】02

1937年に初公開された初回の「スタア誕生(A Star Is Born)」。主演を演じたジャネット・ゲイナー(右)とフレドリック・マーチ(左)。(パブリック・ドメイン)

ちなみにこの映画、今回で4回目のリメイク。

1937年に作られたオリジナル版「スタア誕生」は未見なんだけど、映画界を舞台にしたジュディ・ガーランド版、音楽業界に設定を変えたバーブラ・ストライサンド版は観てたから、”今回はどんなものになるんだろうか?”ってワクワクしてたわ◎

しかも主演がゲイのアイコンとしてもおなじみの、レディー・ガガ! そして、監督がジャクソン役も演じてるブラッドリー・クーパー!!

映画「アリー/スター誕生」【テアトル・オネェ 第15回】03

今回で監督デビューを果たしたブラッドリー・クーパー。(Featureflash Photo Agency / Shutterstock.com)

ハングオーバー!」シリーズでもおなじみの彼が、この作品で監督デビューを果たしていて、これがまた堂々とした作品になってるのよ!

ストーリーも過去の作品を踏襲しながらも、ちゃんと現代に沿った設定になっていて、強引さは感じられなかったわ◎ 「メイン」という名前も過去作と一緒だし。

◎ガガ様のリアルと映像がシンクロするの

映画「アリー/スター誕生」【テアトル・オネェ 第15回】04

イタリアのベネチア国際映画祭に出席したブラッドリー・クーパーとレディー・ガガ。(Andrea Raffin / Shutterstock.com)

で、やはりガガよ。ガガ様よ!

ミュージシャンとしての彼女は、パフォーマーとしては言うまでもないわよね。一方の女優としては、「マチェーテ・キルズ」や「アメリカン・ホラーストーリー:ホテル」で、彼女のパブリックイメージの延長線上なキワモノ的な役で異彩を放っていたんだけれど、今作でそれをみごとに払拭!

体を張って女の成り上がりを見せてくれるの!! しかも映画のなかのアリーのエピソードと、ガガ自身のエピソードとがところどころシンクロするのが、物語に現実味を与えてくれてる。

たとえばジャクソンとアリーの出会いは、ドラァグクイーンのショウが繰り広げられるバー。かつてガガ自身もドラァグクイーンたちからパフォーマンスを習ったり、実際にショウを披露したこともあったりするの。

だから、映画のなかでアリーがドラァグクイーン的メイクをして、リップシンクではなくナマ歌で「ラ・ヴィアン・ローズ」を歌うシーンは、昨日今日培ったもんじゃないオーラがスゴイのよ!

さらに、名前が売れていくにつれて、マネージャーなどから本来の自分ではないイメージ戦略の渦に巻き込まれていくあたりとか、すごくリアル……。

映画では、アリーが売れていけばいくほどジャクソンの堕ちていく様の対比が描かれているんだけど、ブラッドリー・クーパーは2人の密さをタップリと見せるのが好きなのか、空気感のヒリヒリ具合がハンパないの!

それだけに、ラストはアリーのことを思うと胸が張り裂けそうになるのよ……。

◎ガガ様は、マドンナを超えたかも……

映画「アリー/スター誕生」【テアトル・オネェ 第15回】05

本作で圧巻の演技と歌唱力を見せつけたレディー・ガガ。本作は批評家からも絶賛されているほか、ゴールデン・グローブ賞やグラミー賞などで数々の部門にノミネートされている。(Featureflash Photo Agency / Shutterstock.com)

ちなみに、かつてマドンナがミュージカル映画「エビータ」で一世一代の名演技を見せてくれたけれど、今回のガガはそれに匹敵するか、それ以上かも!!

ぜひともスクリーンで堪能して欲しいわぁ……。

それと、「Shallow」をはじめとした楽曲はどれも素晴らしい! サントラはマスト買いよ◎

MOVIE DATA

「アリー/スター誕生(A Star Is Born)」

■ 監督 …… ブラッドリー・クーパー

■ 出演 …… ブラッドリー・クーパー、レディー・ガガ、サム・エリオット、アンドリュー・ダイス・クレイ、デイヴ・シャペル ほか

■ 公開 …… 2018年12月21日(金)

■ 公式HP …… http://wwws.warnerbros.co.jp/starisborn/

映画「アリー/スター誕生」【テアトル・オネェ 第15回】

アリー/ スター誕生 サウンドトラック [Explicit]

Buy for Amazon

キーワード