【世界の官能名画美術館 #18】クリムトの「乙女たち」top

【世界の官能名画美術館 #18】クリムトの「乙女たち」

西洋の美の歴史は、つねに性愛とかかわるものでした。あまたの巨匠たちが性を想起させ、異性を誘惑する魅惑の肉体を備えたヌード画を描き、究極の美を追求してきたのです。

このシリーズでは、世界に名だたる西洋絵画の巨匠たちと、彼らが究極の美を追い求めて描いた名画をご紹介していきます◎

誰もが知る名画には、いったいどんなエロティシズムが隠されているのでしょうか?

第18回目は、以前「ダナエ」でもご紹介した世紀末ウィーンの巨匠、グスタフ・クリムトが描いた「乙女たち」をひも解いてみましょう。

世紀の狭間の不安定な空気を描いた、ウィーンの巨匠

【世界の官能名画美術館 #18】クリムトの「乙女たち」01

グスタフ・クリムト「乙女たち」。1912〜13年、キャンバス・油彩、190×200㎝、プラハ、プラハ国立美術館蔵。

今回ご紹介するのは、世紀末ウィーンの美術をけん引したグスタフ・クリムトが晩年、50代の初期に描いた傑作のひとつです。

名作「接吻」や「生と死」と同じく、背景はどことも特定しがたい、抽象的な、底知れない闇の空間。そのなかで一群の、ひとかたまりとなった乙女たちが風に揺られるように浮遊しています。

描かれた乙女たちは、いずれも裸体。色とりどりの装飾モチーフに包まれるようにして、乙女たちは生まれたままの姿で絡まり合っています。

56歳で没したクリムトの晩年の作品は、ここで取り上げた「乙女たち」のように、かつて黄金を配したきらびやかな装飾美は鳴りをひそめ、色彩や装飾はカラフルながら、背景は深淵な闇をたたえた暗い色を好むようになっていきました。

この変化は、時代精神に敏感なクリムトの感性に起因したと思われます。

1909年、クリムトは親しかった批評家に次のように語ったといいます。「若い人たちはもはや私を理解しない。彼らは別の方向に進んでいる。彼らがそもそも私を評価しているかどうかもわからない」と。

時代に取り残されるのではないかというクリムトの不穏な感情が、ありありと晩年の作品に影響されていたのでした。

【世界の官能名画美術館 #18】クリムトの「乙女たち」02

「接吻」や「ダナエ」など、クリムトの絵には目を閉じた女性の顔が頻出する。眠り夢見ることに、性的な恍惚を見ていたのか、あるいはその幻想的な作風から白昼夢を模した意味合いを表現していたのか。一説では、クリムト同様にウィーンで活躍した同時代の知識人にして精神分析の創始者ジークムント・フロイトの『夢判断』で説かれるような、夢と無意識の理論に影響されたのではないかと考えられている。

【世界の官能名画美術館 #18】クリムトの「乙女たち」03

クリムトが活躍した時代に興隆を極めたアール・ヌーヴォーは、装飾への愛を謳った芸術様式であるが、クリムトもまた装飾美への欲求は人一倍強かった。暗い印象が強くなる晩年の作品であっても、相反するような色とりどりの装飾は、生涯、その画布に表現されていたのである。

【世界の官能名画美術館 #18】クリムトの「乙女たち」04

「接吻」。1907~08年、キャンバス・油彩、180×180センチ、ウィーン、国立オーストリア美術館蔵。クリムト40代の傑作のひとつで、いわゆる「黄金様式」と呼ばれるクリムトの代表的な作品のひとつの頂点をなしている絵だ。この「接吻」と「乙女たち」を比べると、装飾に包まれた身体、目を閉じる女性など通じる点は多いが、黄金のきらびやかさは50代の作品には見られなくなっていく。

世紀末ウィーンの巨匠、グスタフ・クリムト(1862〜1918年)

【世界の官能名画美術館 #18】クリムトの「乙女たち」05

クリムトの肖像写真(1914年)。

クリムトは1862年、オーストリア・ウィーンの金銀細工師の家に生まれました。幼少期の頃、オーストリアでは経済バブルが弾け、厳しい不況に見舞われていた時代でもありました。

1876年、クリムト14歳のとき、ウィーンの新設の美術工芸学校に入学。在学中に同窓生らとアトリエを経営し、美術史美術館や市立劇場の装飾をてがけるなど、頭角を現わし始めます。

1897年に伝統からの分離を謳う分離派のグループが旗揚げされると、クリムトはその初代会長となり、独自の路線を歩み始めました。

特に1900年代以降、金が画面に占める比率が上がり、「黄金様式」とも称させる作風を確立。性的な高揚感の一方で、生と死の不安を描き、晩年になるとより死のニュアンスが強くなっていきました。

その頃、すでに若い芸術家たちからは顧みられなくなっていたクリムトは、アフリカ芸術に大きく惹かれ、新たな芸術の意欲とするも、それが作品として結実することなく、1918年に脳卒中で倒れ、亡くなりました。

出典:『愛と美の官能名画』(メディアソフト)

愛と美の官能名画 (MSムック)の画像

愛と美の官能名画 (MSムック)

Buy for Amazon

キーワード

【世界の官能名画美術館 #18】クリムトの「乙女たち」のページです。ドッカは、【Culture、アート、オーストリア、ラブ】の最新ニュースをいち早くお届けします。