【迷ったら寄る】スマホで美味しそうに撮れない人へ3つのコツのメイン画像

【迷ったら寄る】スマホで美味しそうに撮れない人へ3つのコツ

なんでか”映えない”写真しか撮れない……。 スマホのカメラ性能向上しているため近年「プロ」と「素人」の境目はどんどん曖昧になってきています。

が、しかし写真がウマい友達と、どんどん差が広がってきているのも事実。持って生まれた画角のセンスの違いか、と状況を受け入れ始めている人もいるかもしれません。

でも諦めるにはまだ早い!! 何にでも”コツ”は存在します。実際そのコツをつかめばスマホで撮ればかなり「それっぽく」撮れるんです。

今回は、トッププロレベルまではいかなくとも、「そこそこプロっぽい料理写真をスマホで撮る方法」について紹介しようと思います。

ステップはこんなかんじ

1:全体図を撮る

2:寄って撮る

3:部分ごとに寄って撮る

4:明るさと色味を調節する

なんかできそうな気がしてきました!

1~4が難しければ「寄って明るさと色味を調節するだけ」でもOK!

さて、実践してみます!

今回はラーメンを例に手順を説明。

手順1:全体図を撮る

【迷ったら寄る】スマホで美味しそうに撮れない人へ3つのコツの画像1

キレイに撮ることも大切ですが、情報として「その料理はどんな全体図なのか」を見た人に教えてあげる必要があります。そのために、まずは全体図を撮影しましょう。

例えば、ラーメンなら真上から撮るとキレイに全体図が映ります。自分の影が入ってしまう(あるあるですよね?!)ようであれば、かなり上からスマホをかざし、ズームで撮ると影が入らなくなることが多いですよ!

手順2:寄って撮る

【迷ったら寄る】スマホで美味しそうに撮れない人へ3つのコツの画像2

元も子のない話ですが、迷ったら寄って写真を撮るだけ臨場感が出てそれっぽくなります。ポイントとしては、全体の輪郭が少し切れるくらいにするとちょうどいい◎

手順3:部分ごとに寄って撮る

全体を撮ったら、部分ごとに寄って撮るようにしましょう! 例えば、ラーメンだとスープや麺がそれに当たりますよ。各素材をメインに、これまた寄って撮る。このときは、近づきすぎてピントがズレてしまうことに気をつける◎

続きは→コチラ

キーワード

「航空券」ってじつは安い! 海外旅行の旅費をかしこく抑える裏ワザ BEST 4のページです。ドッカは、【Travel、BEST、トラベルハック、ライフハック、飛行機】の最新ニュースをいち早くお届けします。